脱毛方法の種類

レーザー脱毛

レーザー脱毛 レーザー脱毛とはレーザー光を毛根と毛根周囲の毛包、毛乳頭のメラニン色素に反応させ、熱破壊することにより脱毛させる方法です。現在、脱毛に使われているレーザー、以下3つあります。

アレキサンドライトレーザー
脱毛用に最初に開発されたルビーレーザーは波長がとても短く、メラニン色素の多い日本人の肌には不向きでしたが、有色人種にも適したアレキサンドライトという宝石を使用したアレキサンドライトレーザーが開発されました。波長は755nm、ダイオードレーザーとともにメラニン色素への吸収率が高いのが特徴です。脱毛効果は高く、安全性の高いレーザーです。
ダイオードレーザー
ダイオードレーザーは、半導体を使用したレーザーで、小さく高効率な特性から、電子工学の分野で広く使われています。波長は約800nm、アレキサンドライトに近い波長で大きな差はありません。
ヤグレーザーレーザー
波長は1064nmで、ダイオードレーザーやアレキサンドライトよりも波長が長いため、深達性に優れたレーザーです。この性質を利用し、毛根が深い位置にある男性のひげの脱毛に効果を発揮します。また、メラニン色素への反応はアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーより低いため、色黒の人や黒人、陰部等の皮膚のメラニン色素の濃い部分の脱毛に利用されることもあります。

光脱毛

強力な白色ランプからでるさまざまな波長の光から、脱毛に適した波長部分の光を取り出し、照射することによって脱毛する方法です。フラッシュランプ脱毛、IPL脱毛、プラズマ脱毛もすべて光脱毛で、原理は同じです。
主にエステで使用されることが多いですが、医療用とは別次元で、効果はあまりありません。また、一部のエステでは光脱毛をレーザー脱毛として、効果が高いと宣伝しているようですが、全くの別物で効果はありません。
医療用の光脱毛はレーザー脱毛に比べると劣るものの、それなりの効果が望めると言えます。光脱毛の照射口は小さく、接触方式の冷却システムを採用することから、広範囲の脱毛にはかなり時間を要する点がデメリットです。
また、脱毛専用機器として開発されたものはほとんどなく、もともとは美顔治療目的で開発されたものであるため(脱毛もできる美顔治療器という位置づけ)、脱毛に力を入れているクリニックではあまり使用されることはありません。

電気脱毛(針脱毛)

針脱毛は専用の針(絶縁針)を毛穴に差し込み、針先から電流を流し、電流の熱によって毛根組織を破壊します。針から送られる電流が直接毛根組織にダメージを与えるため、確実に脱毛できるところが特徴ですが、かなりの時間と料金がかかります。また、痛みが他の施術に比べ強いという特徴があります。しかし、白髪を脱毛する唯一の方法が針脱毛です。白髪にはメラニン色素がないため、レーザーや光には反応しません。RF(高周波)が白髪脱毛に有効であるとの見解もありますが、信憑性に欠けます。

pagetop