今更聞けない!?永久脱毛とは?

「永久脱毛」という単語は脱毛の広告などでもしばしば使われているのを目にすると思いますが、「永久脱毛」の定義を皆さんご存知でしょうか? 「永久脱毛」を行えばムダ毛は完全に、永久的に生えてこなくなるのでしょうか? 今回は「永久脱毛」の定義について以下にまとめて行きたいと思います。

海外と日本の「永久脱毛」の認識の違い

海外ではPermanent hair removal(永久的な脱毛) Permanent hair reduction(永久的な減毛)といった2つの表現が脱毛に関して用いられます。 日本では前者を永久脱毛、後者を永久減毛として区別する場合、後者については施術により永久的な減毛が可能であればもはや永久的な脱毛という表現を用いてもいいのではという認識もあり、これらに関し明確に区別することなく、2つをまとめて永久脱毛と表されることが多いです。

永久脱毛と永久減毛とは?

日本での厚生労働省に当たる米国FDA(米国厚生省食品局)では絶縁針により毛包を破壊する「電気脱毛」を永久脱毛としています。 この絶縁針によるニードル脱毛ですが強い痛みを伴うことにより現在日本のクリニックでは行われることは少ない施術方法となっています。 一方現在日本で主流の施術方法となっているレーザー脱毛についてですが、こちらが永久減毛として扱われています。電気脱毛に比べ登場からの経過年数が浅く、施術効果について明確に評価を下すことが難しいという側面があるため前述のFDAでは公式には永久脱毛としては評価がなされていません。 FDAでは永久減毛を「施術後に再生する毛量が毛周期に比して長期かつ安定して減少している状態」としています。

レーザー脱毛が普及している理由

ここで電気脱毛が永久脱毛であるのに、なぜ永久減毛とされているレーザー脱毛が日本では主流なのかという疑問があがってくると思います。 絶縁針による電気脱毛は施術に非常に高い技術と時間を要し、更に上述の通り強い痛みを伴います。これに対しレーザー脱毛は電気脱毛に比べ施術の痛みは弱く、また一度の照射で広範囲の脱毛を効率的に行うことができ効果も高く、また安全面においても優位であるということからレーザー脱毛が主流になっていると言えます。

永久脱毛と永久減毛の違いについてご理解いただけたでしょうか?

当院で行うレーザー脱毛は上述の通り厳密には永久減毛に当たるわけですが、今後も脱毛の施術方法はレーザー脱毛を中心に発展を遂げていくことは間違いありません。 長期に渡りムダ毛の処理の必要がなくなる施術であるレーザー脱毛を是非ご検討ください。

pagetop