脱毛の部位「ヒゲ」

顔・首

顔・首

男性のひげ(髭)脱毛によるメリットとして「ひげ剃りタイムが削減できる」「剃り跡の肌の青さが気にならなくなる」「清潔感や好感度が断然アップする」「カミソリ負けのヒリヒリした痛みとさよならできる」などがあげられますが、もちろん見た目の印象がかなり違ってきます。また全部ツルツルにしてしまうのでなく、残したい部分をお洒落のために残しておくデザイン脱毛も可能です。

ひげ(髭)脱毛のメリット

ひげ(髭)脱毛のメリット 男性のひげ(髭)脱毛によるメリットとして
「ひげ剃りタイムが削減できる」
「剃り跡の肌の青さが気にならなくなる」
「清潔感や好感度が断然アップする」
「カミソリ負けのヒリヒリした痛みとさよならできる」などがあげられますが、もちろん見た目の印象がかなり違ってきます。

ひげ脱毛の特徴

ひげ脱毛と他の部位の脱毛の違いについて

ひげは他の部位の体毛と比べると、毛根が深く、太くしっかりしているという特徴があります。そのため、他部位の脱毛と比べるとかなり性質が異なり、脱毛がしづらい部位といえます。特に毛根が深い点は、ひげ脱毛を行う上で重要な点です。 脱毛に使用するレーザーのうち、圧倒的に深達性に優れたレーザーはヤグレーザーです。このためヤグレーザーはひげ脱毛において非常に高い効果を発揮します。一方、反応が良い分痛みもその分強いと言えます。そのため、ある程度減毛されるまではアレキサンドライトレーザーで施術を行い、その後適宜ヤグレーザーに切り替えていくという方法をお勧めしています。 このような複数のレーザーを使い分けて効果的にひげの脱毛が行える施設は多くありません。

脱毛レーザーについて

脱毛レーザーについて エースクリニックでは医療機関でも比較的取り扱いの少ない米国キャンデラ社の最新機器「GentleMAXジェントル・マックス」を導入致しました。
この機器は、日本の厚生労働省にあたる米国FDAにより、脱毛が期待できる機器として正式に認証を得ている最新機器です。
「GentleMAXジェントル・マックス」はアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーという異なる波長の2つを照射することのできる複合機で、白髪を除くあらゆるタイプの毛に対して対応することが可能です。

脱毛レーザーについて 特にヤグレーザー(Nd:YAGレーザー)は、他の波長のレーザー(アレキサンドライトやダイオードなど)に比して深く入るため、ひげなど深い位置に毛根がある毛に対して特に高い効果があり、効果的にひげを脱毛することができます。

ひげ脱毛の効果を最大限に出すための脱毛ペース

ひげにレーザーを照射しても、1-2週間はひげが生えてくるように見えます。これは皮膚に埋まっていた部分のひげが外に押し出されてくるためです。埋まっていたひげが出切ってしまうと、しばらくの間一旦ひげの量ががくんと減ります。これは一気に脱毛の効果があらわれたのではなく、一時的にひげの成長が休止してしまうために起こります。この間にレーザーを照射しても、反応する毛がないので効果がありません。その後、レーザー照射から1ヶ月半~2ヶ月程度すると、休止していたひげの成長も再開され(元の量に戻るわけではありません)、再びレーザーに反応するようになります。そのためレーザーの照射間隔は2ヶ月くらいが最も適しています。

ひげ脱毛の効果を最大限に出すための脱毛ペース

最終的にひげ脱毛の一番効果的な方法は、一つ、成長期のメラニン色素の多い毛根と毛根周辺の毛包を確実にレーザーで熱破壊することです。レーザーはメラ二ン色素が濃いほど、反応がよくなります。2回目の施術を受けるタイミングは、前回成長初期段階で、メラニン色素が薄いものから成長したひげの毛根と毛根周辺の毛包のメラニン色素が確実に濃い状態となった約2か月目ぐらいでひげ脱毛をした方が、レーザーのメラニン色素への反応が高まり、ひげ脱毛の効果が高くなります。このようなひげ脱毛のペースを繰り返すことにより、個人差はありますが、約1年でひげ脱毛が完了します。

ひげ脱毛のリスク

毛嚢炎(毛のう炎)

ひげ脱毛を行った2~3日後に、毛穴から細菌が入り込んで毛根の周囲に赤み・腫れ・化膿などの炎症を起こすことがあり、このニキビのような症状を毛嚢炎と呼びます。
ひげや胸毛などは毛膿炎が比較的できやすい部分(数%)ですが、症状が強い場合は、抗生剤の飲み薬や塗り薬で治療します。毛嚢炎は脱毛が進んで体毛が薄くなるにつれて次第にできにくくなって行きます。

痛み

針脱毛に比べれば痛みが少ないですが、ひげ脱毛は他の部位に比べて毛が太く、メラニン色素の量も多いため、レーザーが強く反応します。そのため、ひげ脱毛ではある程度の痛みを伴います。痛みにご不安のある方は、別途表面麻酔やブロック麻酔等の用意もございますので、ご相談下さい。

デザイン脱毛

ひげの脱毛をされる場合に、ツルツルにしたいという希望以外に、一部を残して脱毛したいという希望もあります。特に最近ではひげもおしゃれの一部になってきており、ご自分の思うようにデザインをしたいという方が増えてきています。
そのような場合は、まず残す部分をマーキングし、マーキングに沿って当て紙をして残したい部分のひげにレーザーが照射されないようにすることで、デザイン脱毛が可能です。

デザイン脱毛デザイン脱毛

pagetop