青ひげの原因と気になる対処法について徹底解説

青いのはなぜ?

そもそも口ヒゲが青いのはなぜだろう?青ヒゲとは、ヒゲを剃った後、ヒゲが皮膚の中で成長しているのが透けて見える状態。
どんなに深剃りをしても、毛根は皮膚の奥に残るので、なかなかのクセモノだ。

ひげを濃くしてしまう行為

①毛抜きで抜く

毛抜きの行為は肌への負担が大きく一時的な青ひげ解消にはなりますが、
肌トラブルに直結しかねません。
一時的にでも青さが解決することで満足される方がいますが、肌には大きなダメージと
負担がかかるのでやめておいた方がいいでしょう。

②肌に傷をつけてしまうカミソリ

出勤前には剃るであろう髭剃り。剃ることで青ひげを目立ちにくくは出来るでしょうが
間違った方法で剃ることは気を付けてください。

髭剃りの使い方は一般的には毛の流れに沿って剃るのが基本で、
無理に毛の流れに反して剃ってしまうと、肌への刺激が強くなりトラブルの原因になります。
髭剃りをした後には、必ず保湿クリームを塗ってお肌を保湿してください。
肌へのダメージを最小限に抑えましょう。

男性ホルモンやストレスも青の原因のひとつ 

口の周りのヒゲが青いのは、皮膚の中の毛根と、剃れていない部分の毛の色が透けて見えている状態だということはわかったが、その毛を薄くする方法はあるのだろうか?実はストレスはヒゲを濃くする原因のひとつ。
 
なるべくストレスをためない生活を送りたいところだが、ストレス社会にストレスゼロは難しいという人には、男性ホルモンを抑えるというやり方も。
 
実はヒゲの成長を促しているのは男性ホルモン。ゆえに男性ホルモンを抑えれば、青ヒゲも抑えられるということになる。

男性ホルモンを抑える食生活で青を抑える 

ではどうやって男性ホルモンを抑えるのか?おすすめなのが大豆。男性ホルモンを抑制するイソフラボンが含まれている。

逆に、男性ホルモンを助長する食べ物は、まぐろ、卵の黄身、牡蠣、牛肉、魚貝類など。体の内側からのアプローチも、ヒゲの青みを消す手助けになるかもしれない。
 

もう少し簡単な方法で青ヒゲを目立たなくしたいという人は、ヒゲの深剃りテクニックを学ぶのが手っ取り早いだろう。

髭剃りのテクニックを極めて青を抑える 

きれいに剃っているつもりでも、実は深剃りできておらず、青ヒゲの原因になっているかもしれない。しっかりヒゲを剃るテクニックを見てみよう。

1.剃る前に蒸しタオルでヒゲ周りを温める 

蒸しタオルで温めることで、毛穴が開き、毛が立ちやすくなるので、無理をせずに深剃りができるようになる。

2.シェービングクリームなどを使ってシェービングする 

何度も同じところを剃ると肌を痛め、ヒゲが固く濃くなる原因になる。シェービングクリームやジェル、シェービングフォームなどを使って、滑らかなシェービングをすることで肌のダメージを抑えよう。