【髭脱毛】髭脱毛の施術間隔ってどのくらいなの?

ひげ脱毛
この記事は約1分で読めます。

これから髭脱毛をしようと思うけど、施術間隔はどのくらいなんだろうと考える男性は多いですよね。

実はソレ光脱毛でやるか医療脱毛でやるかでかなり違ってきます!

それも踏まえて解説していきます!

スポンサーリンク

施術間隔=ダウンタイム

髭脱毛の施術と施術の間隔のことは通常、ダウンタイムと呼びます。

ダウンタイムというのは本来、肌がダメージを受けた後の回復期間のことです。

この回復期間というのは、肌が受けたダメージが大きいほど長いダウンタイムが必要になってきます。

ダウンタイム中には「冷却」と「保湿」です。

この二つが非常に大切で、髭脱毛の効果を高める意味があるので絶対にダウンタイムには冷却・保湿を徹底しましょう。

光脱毛と医療脱毛のダウンタイム

光脱毛で髭脱毛をしたときの必要なダウンタイムは基本的に2週間です。

2週間空ければ問題なく、次の施術を受けることができます。

そして医療脱毛で髭脱毛を施術した場合にはダウンタイムは基本的に一ヶ月です。

このダウンタイムの違いは、照射パワーの違いです

光脱毛に比べて医療脱毛の方が大きなパワーを使うことが法律で許されているため、医療脱毛の方が強いパワーを扱うのでダウンタイムが長くなっています。

医療脱毛は医療資格を保持しているスタッフのみが施術を許されていることも光脱毛との大きな違いです。

この記事を書いた人
戸浦大将

メンズ美容関連に元々興味があり、中学生の頃から脱毛業界で働くのが夢でした。
法政大学を卒業した後は某大手メンズエステ企業に勤め、施術から店舗管理まで行っていました。
脱毛企業に所属している時に脱毛の民間資格を取得し、毛の仕組みや肌の構造などに精通しています。
高度な専門知識を活かした脱毛の正しい知識を配信していきます!

スポンサーリンク
ひげ脱毛未分類
シェアする
メンズ脱毛情報サイトACE