【衝撃事実】髭脱毛で後遺症が残ることがあるってホント??意外と知られていない後遺症のこと

ひげ脱毛
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

髭の永久脱毛が失敗した理由&症状を徹底解説

男性の美意識向上により、髭脱毛が密かにブームとなっています。ただ、髭脱毛が広がるにつれて、様々な問題が浮き彫りに。

特に永久脱毛が失敗して、皮膚に異常が起きてしまう問題は深刻です。

脱毛初心者の方は、一体何が起きたら永久脱毛が失敗したのか分からないですよね。

何よりも、脱毛は腕の確かな医師に頼みたいところですよね!

そこで今回は、髭の永久脱毛が失敗した時に起こる症状を詳しく解説します。失敗した理由と高い効果を期待出来るクリニックも同時にレクチャーしていきます!

失敗したと分かる症状とは?

まずは、髭脱毛後に現れる失敗症状をご紹介します。対策方法を学んでおけば、万が一の非常事態にも対応できるので、しっかりとおさらいしておきましょう。

失敗例・悪い症状① 火傷

髭の永久脱毛で失敗した例として最も多い症状である火傷。施術した直後は赤みを帯びますが、軟膏剤を使用すればすぐに治ります。

火傷している場合、なかなか治らず1日以上赤くなった状態が続きます

放ってしまうと、徐々に皮膚の腫れがひどくなって膿をもつこともあります。一日経っても変化しない時は、すぐに通っているクリニックやエステサロンに問い合わせましょう。

火傷というと軽く考えがちですが、放っておくとかなり悪化する場合もあるためすぐに処置をすることが大切です。

火傷ができたときには絶対に患部を直接触らないようにしましょう!

火傷の対策

通院している脱毛機関に連絡をした後、すぐに対処できない場合は以下の2つが有効と言われています。

  1. 配布された軟膏剤を塗る
  2. 氷で冷やす

 

まず1つ目の対策が【① 軟膏剤を塗る】ことです。

クリニックまたはエステサロンでもらった物以外はしようしないようにしてください。軟膏剤を切らしてしまったまたは持ち合わせてない場合は、【② 氷で冷やす】ようにしましょう。

失敗例・悪い症状② 毛嚢炎

傷ついた皮膚に最近が感染して起こる皮膚病。医療レーザーやニードルで永久脱毛する時、どうしても皮膚に傷をつけてしまいます。

肌質の落ちた状態だと瞬く間に細菌が傷口から侵入し、炎症を引き起こします

発見するタイミング次第で治療スピードも上下するため、毛嚢炎かなと感じたらすぐにかかりつけのクリニックまたはエステサロンに連絡を。

毛嚢炎の対策(毛嚢炎が出る前)

毛嚢炎を出さないためにも、まずは対策を行いましょう。一つでも多くの項目をクリアして、肌トラブルを回避しましょう。

  • 顔をしっかりと洗う
  • 枕を清潔に保つ
  • しっかりと寝る
  • 食生活を正す

 

毛嚢炎の対策は大きく分けて、“免疫を上げる”と“菌を体に入れない”という二種類です。全ての対策を行えば、毛嚢炎にかかるリスクをぐっと下げられます。

まずは、手を洗うのと同じタイミングで顔を洗う習慣を身につけてみては?

 

毛嚢炎の対策(毛嚢炎が出た後)

毛嚢炎(もうのうえん)を発症して2日経っても消えない場合、すぐさま通院している医療機関に連絡しましょう。

毛嚢炎はすでに菌を繁殖させている状態なため、ガーゼなどで防ぐだけでは治りません。市販の消毒液を使ったりせず、医師の判断に任せましょう。

失敗例・悪い症状③ 硬毛化

不十分にレーザーを当ててしまったせいで、脱毛されずに毛が強くなってしまうこと。硬毛化を起こしてしまうと、髭剃りにかかる時間も倍になりますストレスや食生活よりも遺伝による体質が深く関わっているため、レーザー照射後は、必ず髭の濃さをチェックしましょう。

硬毛化の対策

硬毛化かなと感じた際は、施術を一度止めましょう。

硬くなった毛は数週間後、勝手に抜ける可能性があります。無理に施術を行うと、硬毛化を増やすきっかけになってしまうことも。医師の判断に任せて施術を行ってくださいね。

失敗した理由とは?

髭脱毛の失敗症状を学んだ後は、なぜ失敗してしまったのかという理由を深ぼっていきましょう。安全に清潔感のあるルックスを手に入れるために、必ず把握してくださいね。

 

失敗の理由① エステサロンを選んでいる

失敗の理由として最初に挙げられるのが、クリニックではなくエステサロンを選んでしまっていること。永久脱毛は、医療行為です。

クリニック(病院)に配属されている医師または看護師しか施術できません

エステサロンは、クリニックと比べて料金もお手頃ですが、その分マシンの性能が低く完全に脱毛しきれないリスクが。

薄くする(減毛)のではなく、永久脱毛を望んでいる男性はクリニックを選びましょう。

 

失敗の理由② 脱毛の後、スキンケアをしていない

施術した後の肌は、レーザーで刺激されて乾燥肌になりやすい状態です。

そのまま、シェービングを行うと肌を傷つけしまい、細菌を入れてしまうことに。肌を守るために、まずは乾燥肌対策を行いましょう。

クリニックで配布された軟膏剤を必ず使用し、お風呂では優しく肌を洗ってください。軟膏剤を切らした時は、市販のモノを使用せず、すぐにクリニックへ連絡して再配布してもらいましょう。 

失敗の理由③ 医師の技術力

施術を行う医師によって施術結果も大きく左右します。下手な医師による施術を受けると、レーザーの調整に問題があったり、照射されすぎてしまうなど多くのマイナスポイントが。

打ち漏れの場合、再照射してくれますが、一度失敗した医師の施術は信用しにくいですよね。永久脱毛を考えている男性は、リスクを回避するためにも腕の確かな医師を選ぶように

失敗の理由④ 洗ってない手で顔を触っている

【理由②】でも触れましたが、施術した後の肌は非常に繊細なため、すぐ菌を繁殖させてしまいます。

例えば、多くの人の触れるドアノブや小銭などを触った手で肌に撫でてしまうと、肌に菌が付着して肌荒れの原因に。

肌荒れを悪化させてしまうと毛嚢炎などの皮膚病を引き起こしてしまいます。永久脱毛の期間中は、手をこまめに洗うよう心がけましょう

アフターケアが手厚いクリニックを選ぶ

医療機関でしか受けることができない医療レーザー脱毛は高出力のため、脱毛効果は高い反面、肌への負担も大きくなり副作用のリスクも高くなります。

ただ、医療機関であるため医師が施術を行っていて、万が一副作用が起こってもすぐに医師による診察・治療・薬の処方など適切な処置を受けることができます。

元々肌が弱く肌トラブルが起こりやすいかもという自覚がある人は、リスク管理の意味でも医療機関であるクリニックで脱毛することをおすすめします。

肌の状態は1人1人違うため、どんなに安全面で注意をしても副作用が起こる可能性を0にすることはできません。

万が一副作用やトラブルが起こってしまったことを考えると、すぐに対応してくれるという面でもクリニックは心強いですね。

この記事を書いた人
田村義秀

プロフィールを見ていただいてありがとうございます。
元々はメディア運営会社で働いておりました。その後脱毛に興味があり、脱毛機を販売する企業で働きました。

脱毛と言っても特にメンズ脱毛に特化した知識を持っています。

メンズ脱毛の知識と脱毛機の知識を掛け合わせた正確な記事を配信していきます。
よろしくお願いします!

スポンサーリンク
ひげ脱毛
シェアする
メンズ脱毛情報サイトACE