ヒゲ脱毛の施術間隔はどのくらいなの?気になるダウンタイムとは

髭脱毛にかかる期間
ヒゲ脱毛の方法には大きく分けて、

医療レーザー脱毛
光(フラッシュ)脱毛
の2種があり、それぞれの方法ごとにヒゲ脱毛にかかる期間が異なります。

ここでは脱毛方法別にヒゲ脱毛にかかる期間を解説します。

医療レーザー脱毛
医療レーザー脱毛は、クリニックなどの医療機関で行われる脱毛方法です。レーザー機器は強いパワーを持つため、有資格者によってしか扱うことができません。

ヒゲ周囲にレーザーを照射することでヒゲの黒色にレーザーの光が集中し、ヒゲの奥にある「毛乳頭」を破壊します。毛乳頭はヒゲに栄養を与えて成長させていたるため、毛乳頭が破壊されることでヒゲが抜け落ちるというのが、レーザー脱毛の仕組みです

医療レーザーでヒゲ脱毛を行う場合、個人差があるものの1~2ヶ月に1度の間隔で10回ほど通うのが平均です。完了までには1~2年の期間が必要となります

光(フラッシュ)脱毛
フラッシュ脱毛
光(フラッシュ)脱毛は主にエステサロンで行われている脱毛方法です。光脱毛の光はレーザーのように強いものではないため効果が弱く永久脱毛はできませんが、レーザー脱毛よりも圧倒的に痛みが少ないと言った特徴があります。

光脱毛の仕組みも基本的にはレーザー脱毛と同じです。

光がメラニンの黒色に反応するという性質を利用して、ヒゲ毛穴の奥にある毛乳頭にダメージを与えることで、ヒゲの成長を抑制します。

光脱毛で一回にかかる時間は10分~20分程度です。その後肌を冷やす時間が10分程度必要なので、約20分~30分かかってくるでしょう。

髭脱毛
光脱毛でヒゲ脱毛が完了するまでの回数は、効果が実感できるまでに15回以上必要になります。ヒゲ脱毛の間隔は1~2ヶ月に1回が目安となるため、完了までには2~3年かかってくるでしょう。

光脱毛では照射する光のパワーが弱いため、個人差はありますが数年経ったら再びヒゲが生えてきます。

「ヒゲ剃りが楽になる程度に減毛したい」「痛みに弱いので少しずつ脱毛したい」というような人に向いたヒゲ脱毛方法であると言えます。
 

脱毛を始める前に正しく知っておく必要があるのが「毛周期」です。毛は、常に生えているように感じられますが、目に見えているものはごく一部に限られ、長い期間をかけて生えかわりを周期的に繰り返しています。この毛が生える周期のことを毛周期と呼びます。

 

毛周期は「成長期」「退行期」「休止期」の3段階からなります。また、周期は毛一本一本によって、また毛の生える場所によっても差があり、そのサイクルは数か月から数年単位です。個人差もあり、ホルモンバランスなどの影響によっても変化します。

 

ヒゲの場合は、他の場所に比べて毛周期は早く、成長期の毛の割合も多いことが特徴です。

 

成長期

 

毛が生えて成長を続けている期間のことを成長期といいます。

 

毛の成長は、毛根にある毛乳頭から、毛のもととなる毛母細胞が分裂をはじめて毛球が作られることから始まります。毛穴の中で毛が生え始めている状態を成長期前期、太く長く成長して皮膚表面にあらわれるようになった時期を成長期後期と分けられており、後期の毛が脱毛に最も適していると言われます。

 

ヒゲの場合、成長期は約4か月~1年で、約50~70%の毛が成長期です。ただし、皮膚表面に見えている成長期後期にあたる毛は、全体の約10~20%程度だと推定されます。

 

退行期

 

退行期は、毛母細胞の分裂が止まって毛の成長が止まる期間です。見た目では成長期と同じように毛が生えていますが、毛乳頭から毛球が離れて萎縮をはじめており、やがて抜け落ちていきます。

 

休止期

 

毛が抜けたあと、毛乳頭は一定期間活動を休止します。この期間が休止期です。休止期は、次の毛が生えるまでの準備期間で、やがて再び成長期へと移行します。ヒゲの場合退行期・休止期は約2~3か月です。

脱毛効果の高い毛は成長期の後期の毛

 

脱毛を行う場合、施術効果が高いのは成長期の後期にある毛です。退行期に入ると、毛は毛乳頭から離れてしまうので、脱毛の施術を行っても毛乳頭に届きにくく、効果が発揮されにくくなります。

 

また、休止期に入ると毛根に毛がありませんので、どの脱毛方法であっても施術はできません。脱毛の施術は、基本的に成長期に対して行います。

 

しかし、今どの毛がどの周期にあるのかを目で見分けることは困難です。そのため、脱毛の施術は、毛周期や毛量などを考慮した上でその人に合ったサイクルを決めていく、という形になります。脱毛方法にもよりますが、約1~3か月程度の間隔をあけて施術を行うのが一般的です。

 

早く脱毛を終わらせたいがために、施術間隔を短くしたいと考える人もいるかもしれません。しかし、一定の間隔をあけないと、脱毛に適した毛が生えていない状態での施術になるので効率的ではありません。施術を重ねても同じ成長期の毛に施術しているにすぎず、肌へのダメージが増えるだけです。

 

かといって間隔を長くしすぎると、ヒゲに悩む期間が長くなりますし、脱毛完了までの時間がかかりすぎてしまいますのでおすすめできません。適切な施術期間を設定するのが重要なのはこういった理由からです。

脱毛前に知っておきたいこと

ヒゲ脱毛をはじめたいと思っていても、様々な不安からなかなか一歩を踏み出せないという人もいるでしょう。
 

ここでは、脱毛前に知っておきたい脱毛に関する知識について解説します。効果的に脱毛を進めるためにも必要になりますので、しっかり確認しておきましょう。

 

自己処理について

 

脱毛完了までの間には新しいヒゲが生えてきますので、脱毛中も自己処理が必要になります。しかし、脱毛を開始したら、カミソリでの自己処理は基本的にNGですので注意しましょう。カミソリは皮膚に細かい傷をつけてしまうので、肌が炎症を起こしやすくなるからです。自己処理を行う場合には、ダメージの少ない電気シェーバーを使いましょう。

 

また、ヒゲ脱毛を考えているのなら、毛抜きの使用はすぐに止めましょう。ヒゲが表面に出ていないと施術できませんし、毛穴の炎症や肌トラブルになります。また、途中で抜いてしまうと、次にヒゲが表面に出てくるのにも時間がかかります。最低でも脱毛を始める1か月前から毛抜きを使用しないようにしておきましょう。

 

脱毛に適している季節

 

ヒゲの脱毛に、適している季節というのは特にありません。思い立ったときにすぐに始めれば、それだけ早く悩みが解消するはずです。つまり、脱毛したいときが始め時といえます。

 

ただし、冬は肌が乾燥しやすくなります。乾燥していると施術が受けられないこともあるばかりか、施術後にさらに乾燥が進んでしまい、肌荒れを起こしやすくなるため注意が必要です。

 

一方で、冬は夏のような紫外線リスクが少ないという点がメリットです。季節に応じて適切なアフターケアを行えば、脱毛は季節を問わず行うことができます。施術の際には、ケアに対するアドバイスも受けられます。

 

脱毛期間の悩み どろぼうヒゲとは?

 

どろぼうヒゲとは、脱毛したヒゲが抜け落ちるまでの間皮膚表面にとどまり、かえってヒゲが濃く見えてしまうことをいいます。レーザー脱毛や光脱毛の場合、施術後実際に毛が抜け落ちるまでには1~2週間ほどの時間がかかります。そのため、ヒゲが施術前よりも増えて目立つようになってしまうのです。

 

どろぼうヒゲは特に脱毛をはじめたばかりの人に目立ちやすいですが、2週間目くらいからぽろぽろと抜け、急激に目立たなくなります。目立つので抜いていしまいたいと思うかもしれませんが、抜いてしまうと毛が皮膚に埋もれたり、炎症を起こしたりしてしまいますので、自然に抜けるのを待たなければなりません。

 

なお、ダンディハウスの美容電気脱毛なら、施術の際に毛が抜けますので、レーザー脱毛や光脱毛のように施術後にどろぼうヒゲになる心配はありません。お仕事などで人目が気になる方でも、安心してヒゲ脱毛を始めることができます。どろぼうヒゲを気にしてマスクで隠さなければならないといった不便さもありません。

 

コメント

  1. Vispelm より:

    https://hcialischeapc.com/ – generic 5mg cialis best price

  2. Trupell より:

    https://vsdoxycyclinev.com/ – doxycycline monohydrate canada