髭の色素沈着を防ぐことができる!?

髭剃りが黒ずみの原因?なぜできてしまったのか?

髭剃りによって黒ずみが発生する主な原因は、皮膚の色素沈着だといわれています。

毛髪のなかで、比較的硬い部類に入る髭を剃るためには、皮膚にそれなりの負荷がかかり、その負荷が色素沈着を招くと考えられています

特にスキンケアの意識の低い人は、髭を深く剃ろうとして、必要以上に強めの圧力で髭剃りをしてしまう傾向があります。

また、面倒くさがって雑な髭剃りをしてしまったり、時間がなくて忙しいときに慌てた手つきで髭を剃ってしまったりなどのケースもありえるでしょう。そうした髭剃りによって皮膚に強い外的刺激が何度も加わることで、剃り跡に黒ずみができやすくなります。

それから、髭剃りで髭が濃くなってしまうのを嫌って、髭を毛抜きで抜いて処理しているという場合も、色素沈着が起こる可能性があります。毛抜きで処理すれば確かに見た目は綺麗になりますが、髭を抜くたびに皮膚には強い負荷がかかっています。

繰り返される負荷はやはり黒ずみの原因となりえます。

色素沈着が起こるメカニズムには、メラニンが関係しています。メラニンは人間の体内で作られる色素物質で、皮膚を守るための働きとして生成されます。

通常は皮膚でメラニンが増殖しても、皮膚が生まれ変わるターンオーバーの過程で、垢となって剥がれ落ちるとされています。

しかし、強い圧力や摩擦などによる外部刺激が皮膚に加わることで、部分的なメラニンの過剰生成が起こり、色素が沈着してしまう場合があるのです。

色素沈着を起こさない髭剃り方法とは?

髭剃り跡の黒ずみ(色素沈着)を防ぐには、なるべくメラニンの生成を抑える必要があります。

そしてメラニン生成を抑制するためには、髭剃りのときに極力皮膚に負荷をかけないことが重要だと言えます。

皮膚への刺激を抑えるために、まずは髭剃り前の蒸しタオルを実践しましょう。髭剃り前に口周りを蒸しタオルで覆うことで、髭を柔らかくすることができます。柔らかくなった髭であれば、軽い圧力でもスムーズに剃れます。

さらに、普段カミソリを使っているという人は、電動シェーバーで髭を剃ってみるのもいいでしょう。カミソリから電動シェーバーに変えることで、皮膚への刺激や摩擦を軽減しやすくなります。カミソリを使用する場合も、刃の枚数が多いタイプであれば皮膚への圧力を分散できるため、ダメージを抑えることができるでしょう。可能であれば5枚刃以上のカミソリの使用が望ましいです。

髭剃りのときにシェービングクリームやシェービングジェルなどを使うことも大切です。専用のクリームやジェルなどを使用すれば、髭を剃る際の刺激や摩擦を軽減できます。カミソリで剃るときだけでなく、電動シェーバーで剃るときにも使用するようにしましょう。また、髭を剃る方向によっても、皮膚にかかる圧力が変わってきます。

そのため、髭を剃るときは、最初に順剃りで全体を処理するようにしましょう。髭が生えている方向に向かって剃る順剃りであれば、少ない負荷で髭を剃ることができます。順剃りのあとで剃り残しがあれば、髭が生えている方向とは反対から剃る逆剃りで処理していきましょう。ただし、逆剃りは刺激や摩擦が強いので、1度で済ませるのが無難です。

髭剃りのあとに、アフターシェーブローションや保湿クリーム、化粧水や乳液などで皮膚を保護することも、色素沈着予防に繋がります。髭剃り後は皮膚が剥がれたり、皮膚に細かな傷がついていたりしますから、殺菌効果のあるアフターシェーブローションなどで皮膚を守りましょう。加えて保湿クリームや化粧水や乳液などを肌質ごとに使い分け、皮膚の乾燥を防ぎます。乾燥した状態の皮膚はダメージを受けやすいので、特に髭剃りのあとはしっかりと保湿しておきましょう。

髭剃り以外にも注意したいこととは?

髭剃り以外の刺激や摩擦も、黒ずみの原因になってしまう可能性があります。

とりわけ髭剃りでダメージを受けている口周りに加わる外部刺激に関しては、充分注意する必要があります。

注意したいものとしては、洗顔が挙げられます。顔の汚れや皮脂を落とすため、または眠気を覚まそうとするあまり、ゴシゴシと強く擦るように洗顔をしてしまう人がいますが、その際の指の圧力や爪の引っかかりなどが、黒ずみ発生に繋がる原因となりえるのです。

これは、アフターシェーブローションや化粧水などを塗るときも同様で、皮膚を保護するための行為によって、逆に皮膚にダメージを与えてしまうおそれがあります。

洗顔も保湿も、できる限り優しくおこなうように心がけましょう。それから、日焼けもメラニンの生成を招き、色素沈着の原因となるので、過度な日焼けには気をつけましょう。

髭剃り跡の黒ずみに良い食生活を

1度沈着してしまった黒ずみであっても、皮膚のターンオーバーに合わせて色素を薄くすることは可能です。

皮膚への刺激や紫外線などに注意してメラニンの生成を抑えつつ、すでに生成されてしまったメラニンの排出を促しましょう。その際に黒ずみを薄くするのに役立つ栄養素を摂取することで、効果の向上が期待できます。

黒ずみ改善に役立つのは、ビタミンCやビタミンE、リコピンなどといった栄養素です。ビタミンCはメラニン生成を抑制する効果があり、イチゴやアセロラ、パプリカなどに多く含まれます。ビタミンEはメラニンを体外に排出する効果があるとされ、カボチャやオリーブやアーモンドなどに含有されています。それから美白効果のあるリコピンは、トマトやトマトジュース、ケチャップなどで摂取することができるでしょう。

こうした栄養素を意識的に摂取する食生活を送ることで、黒ずみのケア効果を高めることができると考えられます。

 

 

毛抜きで髭を処理するメリット

 

カミソリを使ってヒゲを剃るのは、毛穴の外に出ているところを処理するだけなので、黒い点や青みのような剃り跡が目立ちますし、翌日には生えてしまいます。

 

その点、抜くのは深いところから処理できるので、黒い点や青みが残る心配はありません。次のヒゲが表面に出るまでは日数がかかり、しばらくの間は処理が不要です。

 

ただし、ヒゲを抜いても毛乳頭とつながっている箇所がちぎれるだけで、ヒゲが生える原因が無くなるわけではありません。引き続き毛乳頭の中では毛母細胞が分裂を続けて、新たなヒゲが作られます。だから数週間ほど経つと再び抜かなければいけません。

 

毛抜きで髭を処理するデメリット

 

ヒゲを抜くと、ちぎれるときに毛乳頭が傷ついて出血する恐れがあります。そこへ雑菌が入り込むと、赤みが出たり、後述する毛包炎になったりするなど、炎症を起こすかもしれません。

 

また、ヒゲを抜くときに無理な力が加わる影響で皮膚の角質層がはがれ、乾燥しやすくなります。ほかにも、毛穴が開いて皮脂や古い角質が詰まりやすくなり、毛穴が目立ったり、ニキビができやすくなったりするのがデメリットです。

 

リスクを考えると、最初から抜かないほうが良いでしょう。

コメント

  1. Vispelm より:

    https://vsdoxycyclinev.com/ – doxylis acheter