光脱毛とは

光脱毛はどんな脱毛方法?


光脱毛は、「フラッシュ脱毛」とも呼ばれている脱毛方法。写真のフラッシュのような光を肌に当てることで、毛根にあるメラニンに効果を発揮します。

何度も光を当てることで、ムダ毛をゆっくりと減らしていく方法です。

光脱毛器によって種類が異なる


光脱毛は使用する機器によって作用が異なり、「IPL脱毛」「SSC脱毛」「SHR脱毛」の3種類となっています。

・「IPL脱毛」


「IPL脱毛」は、「インテンスパルスライト」の略称で、多くの脱毛サロンで取り入れられている方法です。毛根のメラニン色素に反応するので、剛毛の毛により効果があります。


また、IPL脱毛で使われている光は広範囲に照射できるので、比較的ダメージが少なく短時間で施術することができます。


効果の実感が早い分、光脱毛の中でも痛みがやや強いと感じることが多いようです。産毛への効果が弱い点もデメリットとして挙げられます。

・「SSC脱毛」


「SSC脱毛」は、「スムーススキンコントロール」の略称で、ジェルを塗布した肌の上に光を照射することでムダ毛に働きかけます。

使用するジェルに美肌効果があり、剛毛も産毛もバランスよく脱毛したい人におすすめの方法です。

・「SHR脱毛」


「SHR脱毛」は、「スーパーヘアリムーバル」の略称で「蓄熱式脱毛」とも呼ばれています。メラニン色素に反応させて脱毛する他の光脱毛とは違い、SHR脱毛は表皮に近いバルジ領域という部分に蓄積させた熱を与えて施術をします。


一般的に脱毛の施術が受けられないとされる色黒や日焼けをしている人でも施術が受けられ、痛みはほぼない脱毛方法です。

光脱毛の仕組みは?


光脱毛は光によって毛を生えにくくする方法で、「毛周期」に合わせて行う脱毛方法と言われています。


毛周期には「成長期」「退行期」「休止期」があり、成長期のときに行うと効果が高いです。

逆に、毛が抜ける準備期間の退行期や、毛が抜け落ちる休止期に実施しても効果は薄い傾向があります。サロンでカウンセリングを受け、自分の毛周期を把握して施術を受けましょう。

光脱毛の特徴


光脱毛は脱毛サロンで施術を受けられます。脱毛施術を行うスタッフは、専門技術を取得したスペシャリストです。光脱毛の特徴を確認していきましょう。

光脱毛で脱毛できる範囲は?


光脱毛は人気の脇や腕・脚、手入れしにくい背中、VIOや顔など、粘膜を含むパーツ以外全身を脱毛することができます。


しかし、施術方法によっては白髪や毛が薄い産毛、ほくろやシミ、日焼けした肌には光を当てることはできません。

光脱毛の効果は?

光脱毛は効果が目に見えてあらわれるまで基本的にゆっくりです。ですが、使用する脱毛機器によっては数日で生えている体毛が抜けてくることも。

また、SHR以外の光脱毛はメラニン色素の黒い部分に反応する光を使っているので、剛毛の人ほど効果が現れやすいです。


一般的に光脱毛が完了するまでには約18回程度、通うことが必要とされています。人によって差はありますが、毛周期によって長期的な施術が必要なので、焦らず計画的に脱毛をしましょう。

光脱毛のメリット

光脱毛は光の出力が弱く、あまり痛みを感じることなく脱毛施術を受けたい人に向いています。

脱毛の作用はゆるやかなので、術後のトラブルや副作用を回避して施術を受けることができます。また、手頃な価格で脱毛したい人にもおすすめです。

医療レーザー脱毛とエステ光脱毛の比較表

比較項目エステ脱毛医療脱毛
脱毛方法光脱毛(フラッシュ脱毛)医療レーザー脱毛
効果光では毛を生やす「もと」となる組織にダメージしか与えられないため一時的な減毛効果しかない。レーザーで毛を生やす「もと」となる組織を破壊するため確実な脱毛効果がある
脱毛回数と通う期間光のパワーが弱いので回数は12~18回・期間は2~3年は必要。肌質や毛質によっては20回以上通う人もいる。レーザーのパワーが強いので回数は5~8回・期間は約1~2年で完了することが多い。
痛み個人差もあるが光のパワーが弱いので痛みが少ない。レーザーのパワーが強いので脱毛部位によっては痛みを感じやすいが麻酔クリームの処方がある
料金脱毛回数・期間が多く必要なので初回契約料金は安くてもトータルコストは高くなってしまうケースがある少ない脱毛回数・期間で脱毛完了できるので初回料金は高くてもトータルコストは安く抑えられる。
脱毛の担当者特に資格は必要なし。エステの専門学校を卒業したスタッフもいる。国家資格を持つ医師・看護師
安全性自社の研修を受けたスタッフがエステ用の光脱毛機を使用する。医師の指導のもと看護師が安全性・効果が認められた医療機器を使用する
脱毛後のアフターケア自社製品による保湿ケア(医薬品の処方は不可)脱毛後の肌の状態によっては抗炎症剤が処方される(医薬品の処方が可能)
トラブル時の対応エステスタッフでは対応できないので自分で皮膚科に行く必要がある。院内に常駐している医師がすぐに診察・必要な処置を行う

コメント

  1. Vispelm より:

    http://vskamagrav.com/ – kamagra pills effects

  2. weewherie より:

    https://fcialisj.com/ – buy cialis online forum