【デリケート】陰部脱毛のメリットってなに?意外と知られていない大きすぎるメリット

VIO脱毛
この記事は約6分で読めます。

陰部のムダ毛脱毛にはかなり多くのメリットがあります。

まだ日本では知名度がそこまで高くはないですが、海外ではすでに当たり前になっている陰部の脱毛のメリットを徹底的に紹介していきます!

スポンサーリンク

陰部脱毛って具体的にどこ?

陰部のことは専門用語でVIOと呼びます。

VIOとは、Vライン(ビキニライン)、Iライン(陰部の両側)、Oライン(肛門周辺)のアンダーヘアのことで、この部分の脱毛は一般的に「ハイジニーナ脱毛」「デリケートゾーン脱毛」とも呼ばれます。

「Vライン」とは、デリケートゾーンの上部を指します。

下着やビキニのラインからアンダーヘアがはみ出ないように処理を行います。

「Iライン」とは、足の付け根部分に沿った陰部の両側を指します。

この箇所を脱毛することで、においを軽減したり、生理中のムレやかぶれ、雑菌の繁殖を抑える効果も期待できます。

「Oライン」はお尻の穴の周囲にある毛で、Iラインと同様に脱毛することで衛生的なメリットがあります。

黒ずみやにおいといったデリケートゾーンの悩みは、人にはなかなか相談できず不安になるものです。しかし、誤った自己処理をしてしまうと、毛周期の乱れやムダ毛の範囲の広がりなど、デリケートゾーンにトラブルを抱える原因となってしまいます。

近ごろ人気の高い「ブラジリアンワックス」での処理は、即効性があり一時的な脱毛効果がありますが、人によっては強い痛みや炎症を引き起こす可能性があります。VIOのようなデリケートな部分の脱毛については、脱毛サロンなどで事前に充分なカウンセリング行った上で処理をすることがおすすめです。

陰部脱毛のメリット・デメリット

メンズVIO脱毛のメリットは、以下の通りです。

メンズVIO脱毛を受けるメリット
  • 衛生的で清潔感が出る
  • 蒸れ・痒み・臭いが軽減される
  • 性交時の密着感が高まる

アンダーヘアをなくす、あるいは整えるだけでも快適に過ごせるようになります。

メンズVIO脱毛を受けることで清潔さを保つことができ、蒸れや痒みといった問題が軽減します。

蒸れが改善されると陰部特有の臭いも軽減されます。
排泄物の汚れが付かないのも衛生面を考えると良いですよね。

何よりも毛がなくなることで性交時の密着感が増すという話を聞いただけでも「メンズVIO脱毛してもいいかも」と思えてしまいますね。

メンズVIO脱毛のデメリット

メンズVIO脱毛のデメリットは、以下の通りです。

メンズVIO脱毛を受けるメリット
  • 施術を受けるのが恥ずかしい
  • 施術時の痛み
  • 女性受けが良くない場合もある

恥ずかしさは自身の捉え方や付き合う相手によるところもありますよね。

しかし施術をするスタッフは、毎日たくさんの人のVIOを脱毛していて慣れています
だから施術時に関してはそれほど恥ずかしがらなくても大丈夫ですよ。

また女性の中には男性のVIOがツルツルの方が嬉しいという人も実は多く、これから徐々に男性のハイジニーナ人口は増えていくかもしれません。

 

メンズVIO脱毛が他の部位に比べて痛いのはなぜ?3つの理由

なぜ、VIO脱毛はこんなにも痛いのでしょうか?VIOが他の部位に比べて痛い理由は主に3つ。

理由① 他の部位に比べて、肌が黒ずんでいる

一般的な「レーザー脱毛」や「光脱毛」は、毛に含まれている「メラニン色素」に反応して発毛組織を破壊することで脱毛します。この「発毛組織の破壊」が、痛みの原因です。

実はこのメラニン色素、黒ずんでいる肌にも含まれているんです。VIOは他の部位と比べて黒ずみやすい部位なので、「メラニン色素」が豊富。毛だけではなく皮膚までもレーザーに反応してしまうんです。

通常だと「毛穴だけが痛い」のですが、VIOだと「毛穴+肌が痛い」となるため、他の部位より痛みが増すというわけです。

理由② 皮膚が薄く、デリケート

また、VIOエリアは皮膚が薄いので痛みが感じやすくなります。VIO以外の部位だと、皮膚が薄い「鼻下」や「もみあげ」も強い痛みが伴いますよね。

逆に、皮膚が分厚い胸やお腹は痛みが少なめ。先ほどの痛みランク表を見ても、胸・腹の痛みは少なめだというのがわかります。

理由③ 他の部位より毛が太い

VIOエリアの毛は、他の体毛よりも濃くて太いという特徴があります。実は、これもVIO脱毛が痛い理由の一つなんです。

毛が太いほど「メラニン色素」が多く含まているので、光に強く反応します。その結果、痛みも強くなってしまうんですね。

痛みを感じやすい人の特徴って?

痛みが強いVIO脱毛ですが、痛みには個人差があります。痛みを感じやすいのは次のような人。

毛深い人

毛の太さ・濃さ・多さに比例して「メラニン色素」の量も多くなります。先ほど解説したように、光は「メラニン色素」に反応するので、毛深い人ほど痛みも大きくなる可能性が。

ただし、元々毛深い人ほど脱毛効果を実感しやすいというメリットもあります。

地黒・色黒の人

肌の色が黒い人や、日焼けをしている人は肌に「メラニン色素」が多く含まれているため、レーザーが反応して痛みを感じやすくなります。

赤みのある日焼けになっている人は、施術できない場合があるので注意しましょう。とはいえ、自分で日焼けの度合いを判断するのは難しいので、まずはクリニック・サロンでカウンセリングを受けてみるのがおすすめです。

施術方法によって痛みに違いはあるの?

光を用いる脱毛の施術方法は、主に「光脱毛」「医療レーザー脱毛」の2種類があります。どちらも光で毛根にダメージを与えて脱毛する仕組みは同じ。ただ、それぞれの機械が出せる光のパワーが大きく異なります。

この「パワーの違い」が、痛みの違いを生んでいるんです。また、光ではなく電気針を使用する「ニードル脱毛」も存在するので、あわせて紹介しましょう。

痛みレベル高め!「医療レーザー脱毛」

レーザーを毛根まで照射することで、発毛組織を破壊する「医療レーザー脱毛」。実際に施術を受けた人からは、以下のような声が上がっています。

  • ゴムで強めにパチンとされたような痛み
  • ずっと歯を食いしばっていないといけない
  • 終わった時には、冬でも全身汗びっしょりになる

このように「痛み」が印象的なレーザー脱毛ですが、「永久脱毛」の効果があることが魅力的です。また、脱毛期間も比較的短いので、長期的に見て費用がかさまないメリットもありますね。

痛みは少なめ!「光脱毛」

レーザー脱毛と原理が同じ「光脱毛」。こちらは細胞を破壊するわけではなく、細胞にダメージを与えて発毛を遅らせたり、毛を薄くしたりする役割があります。

「医療レーザー脱毛」に比べると脱毛効果は劣りますが、「痛みが少ない」「1回あたりの費用が少ない」といったメリットがあります。

痛くて施術時間も長い…「ニードル脱毛」

毛穴に針(ニードル)を刺して電流を流すことで発毛組織を破壊する「ニードル脱毛」。

医療レーザー脱毛に匹敵するくらいの痛さがありますが、レーザーとの違いは「施術時間」にあります。ニードル脱毛は、レーザーと違い「一本一本毛穴に電流を流して脱毛する」ので、施術にかなりの時間がかかります。また、一回あたりに脱毛できる範囲も狭くなってしまいます。

ニードル脱毛は一本一本毛を処理していくので、全体的に薄くする、形を整えるといった「デザイン脱毛」がしやすい、というメリットがあります。

 

この記事を書いた人
笹健二

大手脱毛サロンで施術師として3年間勤務していました。

脱毛関連の専門資格あり。
実体験を元にした専門家から見た脱毛業界のことを詳しく紹介していきます!

スポンサーリンク
VIO脱毛
シェアする
メンズ脱毛情報サイトACE