足脱毛をやるなら絶対に医療がイイと言われる理由!

足脱毛は絶対に医療脱毛でやったほうがいいです!

最近は光脱毛が美肌脱毛なんて言われて人気だけど、なんで医療脱毛でやるべきなの?!と思いますよね。

今回は足脱毛は絶対に医療脱毛でやった方がいい理由について紹介していきます。

足脱毛の種類

足脱毛と一言に言っても太もも、スネ、足の甲、膝などに別れます。

脱毛サロンや脱毛クリニックによっては足全体というコースに含まれている脱毛箇所の内容が違います。

足脱毛をする時にはやろうと考えている脱毛サロン、脱毛クリニックで足全体の脱毛がどこまで含まれているのかを確認しておくことが大切になってきます。

なぜ足脱毛は医療でやったほうがいいの?

足脱毛は医療脱毛でやった方がいいです。

これは医療脱毛の方が光脱毛よりもパワーが強いからです。

医療脱毛は医師が施術するため資格不要でも施術ができる光脱毛よりも強いパワーを扱うことができます。

光脱毛でも効果は出る?

光脱毛で足を脱毛しても確かに効果が出るサロンもあります。

ただ、光脱毛サロンの場合にはパワーが弱いので回数を重ねる必要があります。

また光脱毛はサロンによって技術レベルが大きく違うため、サロン選びを間違えると脱毛効果が得られないという事態になることも多いです。

医療脱毛で足脱毛をする前に知っておきたいこと

医療脱毛で足脱毛をする場合には一定の痛みがあることを知っておいた方がいいです。

どのくらい痛いのかというとゴムで足をパチッと強めに刺激を与える程度です。

耐えられないほどの痛みではありませんし、足はそれほど痛みを感じやすい部位でもないので十分に耐えられます。

 

まとめ

足脱毛は医療脱毛でやった方がいい理由がお分かりいただけたでしょうか。

医療脱毛は光脱毛よりも強いパワーを使うので確かな効果が期待できる、また施術を医師がするため失敗のリスクがほとんどないというのが大きなメリットです。

これから足脱毛をやるという方はぜひ、医療脱毛で施術をしてみてください!