【驚愕】今のうちから知っておくべき介護脱毛のススメ

VIO脱毛
この記事は約3分で読めます。

介護脱毛という言葉を聞いたことはありますか?

まだ多くの人は介護脱毛という言葉を聞いたことがないと思います。

この言葉は読んで字の如く介護に関係する脱毛なのですが、今回はもっと詳しく介護脱毛について解説していこうと思います。

スポンサーリンク

介護脱毛の意味と目的って一体何?

介護脱毛というのは自分が介護される立場になった時に介護をしてくれる相手にできるだけ負担をかけないようにVIOの毛を脱毛しておくというものです。

 

ですが、最近では恒例の親を持つ息子、娘が親孝行の一つとして親に介護脱毛を受けさせるケースが増えてきています。

これは脱毛というものが生活を楽にするからです。またいつ何があって介護が必要になるかわからないため早い段階から介護を見据えて介護脱毛を親に受けてもらいたい!という方が増えています。

介護脱毛って何歳から?

介護脱毛というのはイメージだと50代くらいから始めると思う人も多いのですが、実は介護を目的とした脱毛をする人で最も多い年齢層は40代です。

40代のまだ元気なうちに脱毛をしておこうという人が近年急激に増加しています。

介護脱毛をするとなんで介護が楽になるの?

介護脱毛をすると介護をする側が楽になるというのは本当です。

これはVIOのゾーンに生えている毛に便や尿が付着していると介護をするときに匂いなどが気になったり、綺麗に拭き取るのに時間と大きな労力が必要になります。

またVIOゾーンの毛があると、そこに溜まった汚れが元で「かぶれ」などの皮膚トラブルを引き起こすことがあるため、そういった意味でも介護脱毛はしておくべきです。

介護脱毛のメリット

介護脱毛の主なメリットは介護する側の負担軽減・介護される側の衛生面向上にあります。

  • 排泄介助がしやすい
  • 肌トラブルの予防になる
  • 衛生的によい

介護脱毛すると排泄介助がしやすい

年齢を重ねるとオムツが必要になる、トイレには行けても拭き取りがうまくできなくなる、など排泄介助が必要になる方がいます。

小さな赤ちゃんと違って、大人の排泄介助は介護する側にとって大きな負担。しかし介護脱毛で局部周辺のムダ毛が無くなれば大幅に負担を軽減できます。

  • アンダーヘアに排泄物が絡まらなくなるためスムーズにオムツ交換ができる
  • トイレで排泄した後の拭き取りも容易になる

介護される方にとってはスムーズにオムツ交換できる分、相手に対する申し訳なさ・恥ずかしさが軽くなるメリットもあります。

介護脱毛は肌トラブルの予防になる

オムツ着用での生活になると排泄時に、オムツの中で尿や便がアンダーヘア(陰毛)に絡まります。

  • アンダーヘアにこびりついた汚れは落ちにくい
  • 何度もゴシゴシ拭くうちに肌が傷つきただれてしまう恐れがある

年齢を重ねると肌の回復力も衰えるので1度肌トラブルを起こすと症状が長期化する可能性もあります。

しかし介護脱毛しておけばアンダーヘアに排泄物は絡まりません。何度もゴシゴシ拭く必要が無くなるので肌トラブルの予防になるのです。

介護脱毛すると衛生的によい

アンダーヘアがあると排泄物の汚れが目視しづらいため、汚れが残りやすくなります。

  • 残った汚れが原因で感染症を引き起こす恐れがある
  • 不衛生な状態がつづくと雑菌が繁殖し臭いの原因になる

そのため介護脱毛であらかじめアンダーヘアを処理し、衛生的な状態を保ちやすくしておくのが重要なのです。

また下着の蒸れ・痒みの予防にもなるので自分自身が快適に過ごせるメリットもあります。

介護脱毛のデメリット

介護において実用性の高さから人気が高まっている介護脱毛にも3つのデメリットがあります。

  1. 介護脱毛後は元のアンダーヘアに戻せない
  2. 脱毛中は多少の羞恥心が伴う
  3. 照射時に痛みが伴う

この記事を書いた人
戸浦大将

メンズ美容関連に元々興味があり、中学生の頃から脱毛業界で働くのが夢でした。
法政大学を卒業した後は某大手メンズエステ企業に勤め、施術から店舗管理まで行っていました。
脱毛企業に所属している時に脱毛の民間資格を取得し、毛の仕組みや肌の構造などに精通しています。
高度な専門知識を活かした脱毛の正しい知識を配信していきます!

スポンサーリンク
VIO脱毛
シェアする
メンズ脱毛情報サイトACE