【ひげ雑学】髭脱毛で起こる毛嚢炎(もうのうえん)とは?

この記事は約6分で読めます。
スポンサードリンク
  1. 毛包炎(毛嚢炎)とは?
  2. 原因は?
  3. ニキビとは違う!毛嚢炎ってどんなもの?
  4. 毛嚢炎ができてしまう原因
    1. 肌のバリア機能が低下している
    2. 清潔ではない道具を使って除毛をおこなった
    3. 除毛を繰り返すことで肌がダメージを受けている
  5. 脱毛でも毛嚢炎ができる可能性がある
    1. 脱毛中に毛嚢炎ができたらクリニック・サロンに相談を
  6. 毛嚢炎ができてしまったときの対処法
    1. 肌を清潔に保ち、保湿を心がける
    2. なかなか治らない場合は医療機関を受診する
  7. 世のメンズ脱毛比較サイトはわかりづらすぎる
    1. 【レーザー脱毛】※医療脱毛
    2. 【ニードル脱毛】
      1. 「電気分解法」
      2. 「フラッシュ法」(熱解離法)
      3. 「ブレンド法」
      4. 「絶縁針脱毛(ETL)」
    3. 【光脱毛】
      1. ・SHR脱毛(蓄熱式脱毛法)
      2. ・IPL脱毛
  8. 【医療脱毛クリニック】
    1. ゴリラクリニック
    2. メンズリゼ
    3. 湘南美容クリニック(湘南美容外科)
  9. 医療脱毛の業界大手3社を徹底比較
  10. 体験費用:
    1. メンズリゼの脱毛体験
    2. 湘南美容クリニックの脱毛体験について
    3. ゴリラクリニックの脱毛体験について
  11. 医療脱毛クリニックおすすめランキング【完全版】
  12. 医療脱毛のメリット
  13. 医療脱毛のデメリット
  14. 【光脱毛サロン】
  15. メンズクリア
      1. メンズクリアの髭脱毛の魅力
      2. メンズクリアのヒゲ脱毛コースの料金・値段
      3. メンズクリアの髭脱毛体験コースについて
  16. メンズTBC
      1. メンズTBCの髭脱毛の魅力
      2. メンズTBCのニードル脱毛の仕組み
      3. MEN’S TBCのヒゲ脱毛コースの料金・値段
      4. MEN’S TBCの髭脱毛体験コースについて
  17. リンクス
      1. リンクスのヒゲ脱毛コースの料金・値段
  18. メンズキレイモ
  19. フィーゴ
    1. フィーゴのヒゲ脱毛の料金
      1. 時間脱毛制
    2. フィーゴの初回限定キャンペーンについて
  20. 光脱毛のメリット
  21. 光脱毛のデメリット
  22. 豆知識
  23. 医療脱毛と光脱毛の決定的な違い
  24. ものすごくマニアックな医療脱毛事情
  25. 医療脱毛には保険が適用されるの?
  26. 医療脱毛で肌トラブルが発生した場合の治療費には保険が適用される??
  27. 医療レーザー脱毛で医療費控除は受けられるの?
  28. 医療脱毛にはローンが利用できるって知ってた?

毛包炎(毛嚢炎)とは?

毛包炎は、毛穴の奥の毛根を包んでいる部分(毛包、毛嚢)に起こる炎症です。

毛包部にできた小さなキズから細菌が感染することによって起こります。

赤みを帯びた発疹(丘疹)や周囲が赤く膿をもった発疹(膿疱)がみられます。

患部を清潔にすることが大切です。治療には抗菌薬(外用・内服)が用いられます。

原因は?

毛包部の小さな掻き傷や刺し傷、男性のひげそりでできたキズなどから皮膚に細菌が入り込み、炎症を起こします。

原因菌は主に黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌と呼ばれる細菌です。

管理が不十分な入浴施設などで緑膿菌と呼ばれる菌に感染して起こることもあります(「温浴毛包炎」と呼ばれます)。

また、マラセチアと呼ばれる皮膚の常在菌(真菌)が毛包内で増殖して炎症を引き起こす場合もあります(「マラセチア毛包炎」と呼ばれます)。

ステロイド外用薬(免疫を抑制する作用がある)の使用や、皮膚の不衛生などが誘因となることがあります。

ニキビとは違う!毛嚢炎ってどんなもの?

毛嚢炎とは、毛穴の奥にある毛包に細菌が入り込んで起こる炎症のことで、主な細菌はブドウ球菌ですが、真菌であるカンジダが感染して起こることもあります。

できものの周りが赤くなるなど、見た目がニキビに似ていることで軽視されがちですが、ニキビは、毛穴に皮脂が詰まってアクネ菌が繁殖することで発生するものなので、そもそもまったくの別物だと認識しておきましょう。


具体的には、毛嚢炎の見た目は白ニキビに似ていますが、かゆみや痛みはほとんどなく、ニキビのような固い芯はありません。

ただし、軽度なうちは自然に治りますが、悪化すると赤く膿を持ったできものが複数できてしまうこともあり、熱を持ったり痛んだりすることもあります。さらに重症化した場合、切開手術が必要になるケースもあり、軽視できない炎症のひとつです。

基本的に毛穴があるところにはどこにでもできますが、男性の場合にはひげ、女性の場合にはワキやひざ、デリケートゾーンなどが多いとされ、1個だけの場合もありますが、数個~数十個が集まってできることもあります。

また、健康な人に比べると、慢性的な皮膚病がある方や、人混みなどの空気の汚れた環境で過ごすことが多い方は毛嚢炎になりやすい傾向があります。

毛嚢炎ができてしまう原因

では、なぜ毛嚢炎ができてしまうのでしょうか。その原因について見ていきましょう。

肌のバリア機能が低下している

肌のバリア機能とは、肌の表面にある角質層がうるおいを蓄えて、乾燥と外部刺激から肌を守る機能のことです。

つまり、肌を健康に保つためにはバリア機能が整っている必要がありますが、この肌のバリア機能が低下することで、毛嚢炎を引き起こすことがあります。

肌のバリア機能を維持するためには、肌がターンオーバーと呼ばれる新陳代謝をくり返すことで、角層細胞を定期的に入れ替えることが大切です。


しかし、睡眠不足や血行不良、バランスの悪い食生活などによってターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、肌のバリア機能を低下させている原因になっています。

日頃から規則正しい生活をしていないと、毛嚢炎のリスクが高まるということがわかりますね。

清潔ではない道具を使って除毛をおこなった

毛嚢炎は、清潔ではない道具を使用して除毛を行った際にも発生することがあります。たとえば、清潔ではないカミソリを使って自己処理を行った後に、傷や毛穴から肌の内部に細菌が入り込んでしまうというケースです。


そのため、長期間使用していない道具や、浴室などの菌が繁殖しやすい場所に保管されていた道具を使う際には、菌が大量に繁殖していることもあるので、そのまま使用するのは避けるようにしましょう。

定期的に刃を交換したり、消毒をしたりなど、常に清潔な状態で使うようにしてください。

除毛を繰り返すことで肌がダメージを受けている

除毛を繰り返すことで肌がダメージを受け、毛嚢炎を引き起こす原因になることもあります。特に男性の場合、定期的にひげの手入れをしている方が多いので、心当たりのある方も多いかもしれません。

身だしなみとしては避けらないものですので頻度を減らすことは難しいと思いますが、カミソリではなく電気シェーバーを使うなど、適切な方法でお手入れをするように方法を変えてみてください。必要に応じて、医療脱毛を検討してみてもよいでしょう。

脱毛でも毛嚢炎ができる可能性がある

ここまで、毛嚢炎ができてしまう原因についてご紹介してきましたが、毛嚢炎ができるのは自己処理による脱毛の場合だけとは限りません。

医療脱毛でもエステ脱毛でも、毛嚢炎ができてしまう可能性は否定できず、それは次のような理由によるものです。


まず、レーザーを毛根に照射する際に肌のバリア機能まで一緒に破壊してしまうことがあるためです。バリア機能を破壊された肌は、細菌から肌を守ることができなくなり、皮膚の表面についた菌などが毛穴に入り込んで炎症を起こし、毛嚢炎ができてしまうというわけです。


また、レーザーを照射すると肌が乾燥するため、毛穴周囲にダメージを受けやすくなることが原因とも考えられます。ダメージを受けた毛穴の中に細菌が入り込み、毛嚢炎を引き起こすこともありますので、しっかりと施術後のケアが必要です。


なお、医療脱毛とサロン脱毛を比較すると、脱毛の際の出力の違いから、医療脱毛のほうが肌に与える負担が大きいため、その分毛嚢炎のリスクも高いといわれています。

脱毛中に毛嚢炎ができたらクリニック・サロンに相談を

脱毛中に毛嚢炎ができた場合、まずは通っているクリニックやサロンに相談してみましょう。

具体的な保証制度はそれぞれ異なりますが、医療機関であるクリニックの場合は診察も可能ですし、薬も処方してもらえます。

また、サロンの場合も、提携している医療機関を紹介してくれることがありますので、いずれの場合も早めに相談してみてください。

毛嚢炎ができてしまったときの対処法

では、毛嚢炎ができてしまった場合の対処法を確認していきましょう。

肌を清潔に保ち、保湿を心がける

赤みが少なく痛みやかゆみがない場合は、肌を清潔に保ち、保湿を心がけながらしばらく様子を見てもよいでしょう。
毛嚢炎ができてしまったとなれば、とても気になってしまうと思いますが、無理に触ったりしないように気をつけてください。

ニキビのような感覚で押したり潰したりなどは絶対にNG!症状が軽ければ特別な処置をしなくても自然に治っていきますので、清潔・保湿を心がけるようにしましょう。

なかなか治らない場合は医療機関を受診する

毛嚢炎は、多くの場合は5日ほどで治りますが、痛みが出てきた場合や長引くような場合には、医療機関を受診しましょう。本当に毛嚢炎なのかの判断もしてもらえますし、最適な薬を処方してもらえるはずです。


なお、医療機関に行っている時間がないなどの理由で市販薬を使う方法もありますが、ステロイド剤は自己判断で使用しないようにしてください。

ステロイド剤は効き目によってさまざまな種類があり、症状や部位によって使い分けが必要で、誤って使用すると毛嚢炎を増やす原因になることもあるので要注意です。

 

世の中には多くのメンズ脱毛サロンの情報がありますが、実際かなりわかりづらいと思いませんか?

光脱毛と医療脱毛が分けられずにランキングされている比較サイトがほとんどで専門的に言えば光脱毛と医療脱毛は全然違うからランキングにできないでしょ!と思います!

そこでROYでは光脱毛と医療脱毛に分けて徹底的に詳しく特徴の紹介をしていこうと思います!

店舗の特徴によって評価もしていますのでぜひ参考にしてください!

 

世のメンズ脱毛比較サイトはわかりづらすぎる

多くのユーザーの方々が最も知りたいのは「料金」ですよね!

その次に店舗の特徴などに興味があるはずです!そういった情報をネットで探そうと思うと多くの比較サイトが出てきますが、それらのサイトはメンズ脱毛の専門的な知識がない場合が多いため、わかりづらさがすごいです!

そこで今回は徹底的にとにかくわかりやすくメンズ脱毛業界の大手を医療脱毛と光脱毛に分けて紹介することにしました!

【レーザー脱毛】※医療脱毛

メラニン色素に反応する特殊な光を照射して毛の中に熱を溜めて毛乳頭を破壊する

※レーザー脱毛で使用する脱毛器の照射パワーは強く、医療行為ですので、医師がいるクリニックなどの医療機関でしか施術を受けることができません。

【ニードル脱毛】

・140年前からある脱毛手法
・電気針を毛穴に挿して高周波の電流を流して毛乳頭(毛を作る細胞)を破壊
・先は丸くなっていてとがっていません。
・ニードル脱毛には種類がある
・ニードル脱毛には

「電気分解法」

針から直接毛根に対して電流での刺激を与え毛乳頭組織を破壊する方法
直流電流には電気分解作用というものがあり、その作用によって生まれるアルカリ(化学物質)が毛包組織を破壊する作用を利用した脱毛方法

「フラッシュ法」(熱解離法)

直流の電流ではなく高周波の電流を流し、その摩擦熱を利用して毛包組織を破壊する手法(別名:熱解離法)
この方法は再毛率(また毛が生えてくる割合)が非常に高いことが欠点

「ブレンド法」

上記のフラッシュ法と電気分解法を合わせた脱毛手法がブレンド法
フラッシュ法のスピードが早いというメリットと電気分解法の効果というメリットをどちらも発揮させるという方法で現在ニードル脱毛の中では最も普及しています。
施術には非常に高い技術力と知識が要求される脱毛方法であるため、認定制度があり認定脱毛士の育成が行われています。

「絶縁針脱毛(ETL)」

絶縁針を皮膚に刺し毛根にある発毛組織をこのジュール熱を利用して破壊し発毛できなくしてしまう方法
初回の施術で以下の項目代金がかかる

・初診料
・血液検査代
・絶縁針代
・軟膏代(不要な場合は拒否できる)
・麻酔クリーム代(麻酔不要な場合には必要なし)

ニードル脱毛のメリット

・肌質・肌色を問わない!
・毛が薄い・細い人でも効果あり!
・脱毛の調整がしやすい!
・フェイスゾーンの脱毛にも適している!
・仕上がりがキレイ!

ニードル脱毛のデメリット

・強い痛みを感じる
・完全に脱毛するまでに時間がかかる
・費用が高額
・時間がかかる
・毛の本数で料金が決まるので施術費用が不明確
・初期費用がかかる(針代、血液検査代、麻酔代)
・施術後に毛穴が赤くなり、腫れることも多い
・施術後に鎮痛ジェルを塗る必要がある

【光脱毛】

特殊な光を照射することにより毛根の中で毛が生まれるのを阻害することで脱毛効果を期待する脱毛方法

・SHR脱毛(蓄熱式脱毛法)

皮膚全体に特殊な光を照射し、毛穴の中の毛包と呼ばれる部分に熱を溜め込み毛が育たなくなるようにする脱毛方式です。

新たな毛が生えて来なくなり、現在生えている毛は光でダメージを受けているため施術から2週間程度で自然と抜け落ちていきます。

・IPL脱毛

メラニン色素に反応する特殊な光を照射して毛乳頭を破壊する脱毛手法です。

メラニン色素(黒色)に反応する光を使うため、下記の人には効果を発揮しません。

・色黒の日焼けした人

・刺青やタトゥーがある人

・ほくろの部分

・白髪、金髪、産毛

光脱毛は医療脱毛に比べると照射パワーは弱いですが、その分肌へのダメージが少なくて済みます。

また光脱毛は照射する光の影響で肌が収縮するため、毛穴の広がりを閉じることができ、美肌になることが期待できます。

光脱毛は医療行為ではないので、医師のいないサロンでも施術可能であることが特徴です。

【医療脱毛クリニック】

ゴリラクリニック

ヒゲ3部位
※鼻下・アゴ・アゴ下
トライアル:―
6回:68,800円
コース終了後1回:100円(税込)
脚スベコーストライアル:44,800円
1回:86,000円
5回:198,000円
ワキ脱毛トライアル:―
1回:9,000円
5回:29,000円
マタツルコーストライアル:22,750円
1回:44,000円
5回:140,000円
全身脱毛(※1)トライアル:59,800円
1回:150,000円
5回:397,000円
※ 表の料金はすべて税抜き価格です。※1 ヒゲ・陰部を除いた首から下全部位
脱毛機メディオスターNEXTPRO(蓄熱式ダイオードレーザー)
ライトシェアデュエット(ダイオードレーザー)
ライトシェアXC(ダイオードレーザー)
ジェントルYAG(YAGレーザー)
ジェントルレーズプロLE(アレキサンドライトレーザー)
麻酔の使用あり
麻酔クリーム10g 3,000円(税抜)
笑気麻酔(ガス麻酔)30分3,000円(税抜)
シェービングサービスあり
剃り残し対応のみ無料
テスト照射なし
照射スタッフ男女どちらも照射を行う
陰部は男性スタッフが対応

ゴリラクリニック公式サイト⇨ https://www.dansei-datsumo.com/3features.html


メンズリゼ

 

セレクトヒゲ脱毛
※ヒゲの全4部位の中から3箇所選択
5回:68,800円 月額:3,000円(24回払い)
3回:44,800円 月額:3,100円(15回払い)
1回:24,000円
コース終了後1回:11,300円
足全体脱毛セット5回:110,800円 月額:3,000円(42回払い)
3回:69,800円 月額:3,100円(24回払い)
1回:39,800円
コース終了後1回:18,400円
VIO脱毛セット5回:92,800円 月額:4,900円(60回払い)
3回:58,800円 月額:4,900円(60回払い)
1回:30,800円
コース終了後1回:15,400円
全身脱毛(※1)5回:248,000円 月額:3,400円(30回払い)
3回:149,800円 月額:3,100円(20回払い)
1回:79,800円
コース終了後1回:29,800円
※ 表の料金はすべて税抜き価格です。※1 ヒゲ全体・眉上・耳毛・鼻・鼻毛・うなじ・Vライン・肛門周り・男性器を除く
脱毛機メディオスターNEXTPRO(蓄熱式ダイオードレーザー)
ライトシェアデュエット(ダイオードレーザー)
ジェントルYAG(YAGレーザー)
麻酔の使用あり
麻酔クリーム1回3,000円(税抜)
笑気麻酔(ガス麻酔)30分3,000円(税抜)
シェービングサービスあり
剃り残し対応のみ無料
テスト照射あり
無料
照射スタッフ基本は男性が照射
女性が行う場合もある

メンズリゼ公式サイト⇨https://www.mens-rize.com


湘南美容クリニック(湘南美容外科)

ヒゲ3部位
※上口ヒゲ、アゴ、アゴ下
1回:9,980円
3回:20,160円
6回:30,350円
足脱毛
※Lパーツ2部位(両膝上、両膝下)
1回:35,460円
3回:101,200円
6回:165,000円
両ワキ1回:500円
6回:2,500円
VIOコース1回:16,090円
3回:39,600円
6回:73,330円
全身脱毛
※顔・VIOを除く
1回:50,720円
3回:149,720円
6回:293,330円
※ 表の料金はすべて税抜き価格です。
脱毛機メディオスターNEXTPRO(蓄熱式ダイオードレーザー)
アレキサンドライトを照射する脱毛機
IPLレーザーを照射する脱毛機
麻酔の使用あり
笑気麻酔(ガス麻酔)1部位につき2,000円(税抜)
シェービングサービスあり
剃り残し対応は10分まで無料
テスト照射あり
1ショット750円(税込)
照射スタッフ男女どちらも照射を行う
スタッフの指名はできない

湘南美容外科クリニック⇨ https://www.s-b-c.net/datsumo/men/

医療脱毛の業界大手3社を徹底比較

脱毛部位メンズリゼ湘南美容クリニックゴリラクリニック
回数価格(税別)回数価格(税込)回数価格(税別)
髭 3部位5回68,000円6回30,350円6回68,800円
腕(肘上〜指先)5回69,800円6回165,000円5回
184,000円
脚(太もも〜つま先)5回110,800円6回165,000円5回
234,000円
VIO(陰部脱毛)5回92,800円6回73,330円5回
140,000円
全身(顔、VIO除く)5回
(6回)
276,000円
(331,800円)
6回293,330円5回
397,000円

体験費用:

メンズリゼの脱毛体験

メンズリゼでは、限定されたクリニックでのみ初回限定の安価なトライアル料金で脱毛を体験することができます。

[ トライアル対象医院 ]
大宮院、柏院、心斎橋院、神戸三宮院、京都四条院、仙台院、広島院、福岡天神院

トライアルプラン対象部位価格(税抜)
選べる1部位鼻下、あご、あご下、頬・もみあげ、鼻毛、胸、脇、手の指・甲 のいずれか2,980円
髭全体 脱毛鼻下、あご、あご下、頬・もみあげ9,800円
脚全体 脱毛太もも、膝〜足首、足の甲・指9,800円
胴全体 脱毛胸、腹9,800円
腕全体 脱毛二の腕、肘〜手首、手の甲・指9,800円

初回トライアルプラン以外に、メンズリゼでは「スポット脱毛」と呼ばれる、範囲面積を選んで脱毛の体験ができるメニューもあります。

  • 1スポット脱毛(9mm×9mm)/ (直径18mm):1,000円
  • 1スポット脱毛(22mm×33mm):2,000円

湘南美容クリニックの脱毛体験について

湘南美容クリニックでは、脱毛体験のコースの料金設定はありませんが、髭のパーツなどのSパーツは通常価格 1回 6,180円で施術を受けることができるなど、1回の脱毛の施術料金が安く設定されているので、他の医療レーザー脱毛を行うクリニックに比べて安価な代金で、脱毛を体験することが可能です。


ゴリラクリニックの脱毛体験について

トライアルプラン対象部位価格(税抜)
ヒゲ 脱毛鼻下、あご、あご下、頬・もみあげ、首のいずれか10,000円
脚 脱毛ひざ下 / 太もも
30,000円 / 46,000円
腕 脱毛上腕、前腕のいずれか
26,000円
胸・腹 脱毛腹 / 胸
38,000円 / 43,000円
VIO 脱毛Vライン、Oライン、Iラインのいずれか
13,000円〜18,000円

ゴリラクリニックでは、初回トライアルを特別価格で脱毛できる料金を設定しています。

上記に記載した部位以外にも、部位ごとに細かく初回トライアルの料金が設定されているのが特徴的です。


医療脱毛クリニックおすすめランキング【完全版】

【1位】【2位】【3位】【4位】【5位】
ゴリラクリニックメンズリゼ湘南美容クリニックドクターコパ表参道スキンクリニック
こんな方にオススメ効果的な脱毛を行いたいメンズ効果的な脱毛を行いたいメンズ初めて脱毛を行うメンズ無制限で脱毛の施術を行いいメンズ効果を早く体感したいメンズ
髭脱毛の料金の
リーズナブルさ
★★★★☆★★★☆☆★★★★★★★★★☆★★★★☆
髭脱毛の効果★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆★★★★☆
接客の丁寧さ★★★☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★★☆☆
予約の取れやすさ★★★★☆★★★☆☆★★★★☆★★★☆☆★★★☆☆

 


医療脱毛のメリット

ニードル脱毛よりも痛みが少ない
ニードル脱毛よりも費用が安い

医療脱毛のデメリット

日焼けしている肌やほくろ、あざ、しみ、タトゥーなどのある部位には照射できない
光脱毛に比べると痛みがあり、料金が高いこともデメリット


【光脱毛サロン】

メンズクリア

メンズクリアの髭脱毛の魅力

1. 月額1980円~の通い放題プラン

メンズクリアは、メンズ脱毛業界で初の「永久脱毛通い放題コース」を設定しています。初回はお試しプランで最大80%OFFといった嬉しいプランも多数用意されている脱毛サロンです。

月額1980円~で通い放題というお得感もあるので、初めての方でも気軽にスタートすることができます。また、しつこい勧誘が一切無いのも安心材料でしょう。

 

2. メンズ専用マシンで最適な設定による施術

メンズクリアで使用されている機器は、メンズ脱毛に特化した特注マシン。毛深い人でも施術時間が短くて済むように照射面積が広くデザインされており、圧倒的な照射スピードを備えています。忙しい方でも通いやすい環境が整っていると言えるでしょう。

さらにその日の肌の状態や毛質等をチェックしてから施術となるので、肌へのダメージを最小限に留めることができます

 

メンズクリアのヒゲ脱毛コースの料金・値段

髭脱毛コース
施術部位:顔・首 全6部位
回数キャンペーン価格
ヒゲ脱毛 通い放題コース通い放題月々1,980円

*上記金額は全て税抜価格です。

 

メンズクリアの髭脱毛体験コースについて

  • メンズ髭脱毛体験コース:1,000円(税抜き)

鼻下、口下、もみあげ、両ほほ、あご・あご下&首の6部位から脱毛体験が可能です。
各店舗先着20名限定、最大80%というスペシャル感のあるコースなので、利用可能な際にはぜひ活用したいところです。


メンズTBC

メンズTBCの髭脱毛の魅力

1. 全国規模の老舗美容エステサロン

メンズTBCは1977年に創立の老舗美容エステサロンTBCのメンズ専門美容エステサロンで、全国的にも知名度の高く、大手のエステサロンならではのカスタマーサポートが整っています。

「お客様窓口」「契約内容やクーリングオフの窓口」もあり、サロン以外においてもしっかりと対応をしてくれる他、肌トラブルなどに迅速に対応できるようサロンごとに提携のクリニックがあるなど、安心して脱毛の施術を行うことができます。

 

2. 安全でスピーディーな施術

一般社団法人 日本スキン・エステティック協会(JSA)の専門的なカリキュラムを修了した美容スタッフや、電気脱毛を行う際に世界的にも評価が高いC.P.E(認定電気脱毛士)の資格を持つ高い専門知識を備えたスタッフが、メンズTBCの経験と知識を活かし研究開発された、1分あたり10本〜20本のスピーディーな脱毛の施術が可能なオリジナルの脱毛器を用いた安全性の高い施術を行っています。

 

3. 初回トライアル1,000円

メンズTBCでは、初回限定1,000円でニードル脱毛による150本の脱毛体験とカウンセリングを実施しています。

脱毛に関する悩みやメンズTBCの脱毛の流れなどを詳しく聞くことができ、実際にニードル脱毛の体験を安価な金額で体験できるのも、メンズTBCの魅力の一つです。

 

メンズTBCのニードル脱毛の仕組み

メンズTBCが独自開発した、男性の特有の髭やムダ毛に効果的のある脱毛器2種類を、各サロンで髭脱毛の施術に利用していて、料金や効果に応じて、髭脱毛に利用する脱毛器を自身で選ぶことができます。

  • Hi-エピ (新型脱毛器)
  • イオシスエピ-M(旧型脱毛器)

また、メンズTBCのニードル脱毛を用いた施術の際には、本数が増えるごとに単価が安くなる本数制の料金システムが適応されるため、脱毛の部位に関わらず希望する部位の本数分の料金を支払う形になります。

 

MEN’S TBCのヒゲ脱毛コースの料金・値段

メンズTBCの髭脱毛においては、ヒゲ1本の脱毛ごとに料金が設定されていて、本数が増えるごとに単価が安くなる本数制の料金システムを取り入れています。
<参考価格>

コース名ビジター価格 (入会金なし)メンバー価格
Hi-エピ145円 / 本121円 / 本
イオシスエピ-M132円 / 本110円 / 本

*上記金額は、全て税込価格です。
二年間有効の入会金12,960円を支払いを行うと、メンバー価格での施術が可能です。
また、美容エステサロンの知識と経験を駆使した髭脱毛に効果的な化粧品なども販売しており、メンズTBCで髭脱毛を施術する際には保湿パック「エピプラス CSモイスチャーシート」などの購入が義務づけられています。

MEN’S TBCの髭脱毛体験コースについて

  • 初回脱毛体験コース:1,000円(税込)

MEN’S TBCに初回来店者に限り、無料のカウンセリングとメンズTBCのスーパー脱毛と呼ばれる「ニードル脱毛」による150本の脱毛の体験施術が可能です。

 

リンクス

リンクスのヒゲ脱毛コースの料金・値段

施術部位1回5回10回
ほほ / 鼻下 / 顎 / もみあげ / いずれか1部位4,200円16,800円28,000円
口下3,150円12,600円24,700円
顎下、首5,250円21,000円38,000円

*上記金額は、全て税込価格です。

  • カウンセリング:無料
  • 脱毛パッチテスト:無料

コース終了後の11回目以降の施術においては、無制限で1回につき80%OFFでの施術が可能です。
さらに、18歳以上の学生やフリーターでも申し込みができる月定額500円〜の料金プランなどもあり、一度に高額な金額の支払わずに自分のペースで支払いができます。

  • 初回脱毛体験コース:1,800円(税込)

ほほ、もみあげ、鼻下、口下、顎、顎下・首の6部位から1部位の脱毛体験が可能です。
さらに、無料でパッチテスト、男性スタッフによるカウンセリングを行なってくれるので、男性ならではの髭の悩みなどを気軽に相談できます。

 


メンズキレイモ

お試しヒゲ5回プラン8,400円
1回あたり1,680円
お試しボディ4回プラン39,800円
1回あたり9,950円
ヒゲパーツプランの脱毛料金
プラン名通常料金
※1部位あたり
キャンペーン料金
※1部位あたり
(通常料金との差額)
ヒゲパーツプラン
5回コース
12,500円11,875円
(625円OFF)
ヒゲパーツプラン
10回コース
25,000円22,500円
(2,500円OFF)
ヒゲパーツプラン
15回コース
37,500円31,875円
(5,625円OFF)
PREMIUM選べる3カ所・5カ所プランの脱毛料金
プラン名通常料金キャンペーン料金
(通常料金との差額)
PREMIUM
選べる3カ所
プラン
360,000円216,000円
(144,000円OFF)
PREMIUM
選べる5カ所
プラン
500,000円300,000円
(200,000円OFF)
ヒゲパーツプランと選べる3カ所・5カ所プランの料金
プラン名3カ所の脱毛料金5カ所の脱毛料金
ヒゲパーツプラン
15回コース
95,625円159,375円
PREMIUM
選べる3カ所・5カ所プラン
216,000円300,000円
顔・ヒゲ・首パーツプランの脱毛料金
プラン名通常料金キャンペーン料金
(通常料金との差額)
顔・ヒゲ・首
パーツ
5回コース
100,000円95,000円
(5,000円OFF)
顔・ヒゲ・首
パーツ
10回コース
200,000円180,000円
(20,000円OFF)
顔・ヒゲ・首
パーツ
15回コース
300,000円255,000円
(45,000円OFF)
顔・ヒゲ・首
パーツ
PREMIUM
無制限プラン
500,000円300,000円
(200,000円OFF)
※料金は税抜です
脚脱毛のパーツプラン料金
脱毛例通常料金キャンペーン料金
(通常料金との差額)
ヒザ・脚の甲指
ポイントパーツいずれか1部位
8回:40,000円
16回:80,000円
8回:36,000円
(4,000円OFF)
16回:68,000円
(12,000円OFF)
ヒザ上・ヒザ下
ワイドパーツいずれか1部位
8回:80,000円
16回:160,000円
8回:72,000円
(8,000円OFF)
16回:136,000円
(24,000円OFF)
ヒザ上・ヒザ下・ヒザ3部位
(ポイントパーツ1部位、
ワイドパーツ2部位)
8回:200,000円
16回:400,000円
8回:180,000円
(20,000円OFF)
16回:340,000円
(60,000円OFF)
※料金は税抜です
パーツプランと選べる3カ所・5カ所プランの脱毛料金
プラン名3カ所の脱毛料金
パーツプラン
ヒザ上・ヒザ下・ヒザ3部位
16回コース
340,000円
PREMIUM
選べる3カ所プラン
216,000円
ボディパーツプランの脱毛範囲とパーツの種類
脱毛範囲パーツの種類
ヒザ・脚の甲指・手の甲指・うなじ・ワキポイントパーツ
ヒザ上・ヒザ下・胸・ヒジ上・ヒジ下・お腹・背中上・背中下・ヒップワイドパーツ
Vライン・Iライン・OラインVIOパーツ
ポイントパーツプランの脱毛料金
プラン名通常料金キャンペーン料金
(通常料金との差額)
ワキ脱毛8回
ポイントパーツ
40,000円36,000円
(4,000円OFF)
ワキ脱毛16回
ポイントパーツ
80,000円68,000円
(12,000円OFF)

 

フィーゴ

メンズ脱毛figoの特徴
・コース契約不要の完全都度払い制
・分かりやすい料金設定 ・当日予約OK、キャンセル手数料一切不要
・最安値補償&脱毛完了サポート補償のW補償制度完備
・男性特化型脱毛オリジナルマシン使用
・男性専門脱毛サロン
・男女スタッフ在籍
・東京、埼玉、大阪、名古屋に出店中(拡大予定)
・個室完備
・物販等一切ナシ

フィーゴのヒゲ脱毛の料金

時間脱毛制

コース名料金オススメの選択パーツ
30分コース¥6,000円(税別)ヒゲや指先、乳輪などの細かいパーツ
60分コース¥10,000円(税別)腕や・腹・胸などの広い範囲のパーツ
90分コース¥15,000円(税別)足全体やボディ全体など広めのパーツ
120分コース¥20,000円(税別)全身

 

フィーゴの初回限定キャンペーンについて

フィーゴに初めて来店された方限定でヒゲ脱毛を『¥3,000円』で提供するキャンペーンが実施されています。

このキャンペーンでは、フィーゴ内でSパーツと定めている

  • ほほ
  • 鼻下
  • 唇下
  • アゴ
  • アゴ下
  • もみあげ

の6パーツを脱毛体験が可能です。通常なら¥6,000円で提供されるコース。初回限定で通常価格から50%OFFでヒゲ脱毛ができます。

そのほかにも、初回限定キャンペーンとして

  • ボディ脱毛セット
  • 足全体セット
  • VIOセット

を、実施しています。


光脱毛のメリット

メラニン色素に反応する特殊な光を照射して毛乳頭を破壊する脱毛手法です。

医療脱毛に比べると照射パワーは弱い
医療行為ではないので、医師のいないサロンでも施術可能であることが特徴

光脱毛のメリット
施術の選択肢の中で痛みが少ない
毛が太く、密集しているところでも痛みなく脱毛ができる
特殊な光によって毛穴が収縮するため美肌効果がある

光脱毛のデメリット

効果が出るまでに一定の施術回数が必要(他の脱毛手法に比べて多い)
医師免許が不要なため、サロンによって技術レベルに差が大きい


豆知識

メンズ脱毛を行う施設の名称に「サロン」と「クリニック」があるのは何故か知っていますか?

これ実は明確な定義があり、光脱毛を行っているところはサロンと呼ぶのが正しく、医療脱毛を行っているところはクリニックと呼ぶのが正しい呼び方です。

この点がよく混同されていることが多いので注意が必要です。


医療脱毛と光脱毛の決定的な違い

医療脱毛と光脱毛はよく比べられることが多いですが、実はコレらは全く別物と考えた方がいいです。

どちらが良い!と言うわけではありませんが、医療脱毛は医師が在籍しているクリニックが行う医療行為で光脱毛は医療行為にあたりません。

そのため、医師や看護師も在籍していません。

医療脱毛と光脱毛では扱える脱毛パワーも違います。コレは医師の在籍がある医療脱毛クリニックの方が光脱毛よりも強いパワーを扱うことが許されています。

ただ、パワーが強い分施術時の痛みは医療脱毛の方が激しいです。


ものすごくマニアックな医療脱毛事情

実を言うと医療脱毛とひとことに言っても大きく分けて「ニードル脱毛」と「レーザー脱毛」があります。

このニードル脱毛も正確には5種類程度に分類されます

現在医療脱毛で主流なのがレーザー脱毛です。

世の中にあるほとんどの医療脱毛クリニックはレーザー脱毛です。

レーザー脱毛というのは脱毛の原理はほとんど光脱毛と同じです。ただ扱えるパワーが違うので痛みが少し強いです。

医療脱毛は一回の刺激が強いですが、施術完了までに必要な施術回数が光脱毛よりも少ないため時間がない方でも問題ありません。

医療脱毛には保険が適用されるの?

医療脱毛に対しては保険は適用されません。

これは光脱毛でも同じです。

これは脱毛と言う施術は自由診療に分類されるからです。

医療保険制度とは病気やけがをした人のためにある制度になるため、保険は適用されないと言う理屈になります。

またワキガの悩みをお持ちの方が医療脱毛でワキ脱毛をして匂いを軽減させようとする方がいますが、この施術に対しても保険は適用されません。

 

医療脱毛で肌トラブルが発生した場合の治療費には保険が適用される??

医療脱毛の施術によって肌トラブルが発生した場合、そのクリニックで治療をしてもらうことになりますが、その治療費に対しては保険適用になります。

医療レーザー脱毛で医療費控除は受けられるの?

結論から言うと医療レーザー脱毛に対して医療費控除を受けることはできません。

医療費控除は基本的に何らかの身体的な問題により生活に支障をきたす場合に控除が認められるものです。

そのため、美容目的の脱毛には適用されませんが、ワキガや多汗症の治療などについては医療費控除は適用されます。

 

医療脱毛にはローンが利用できるって知ってた?

医療脱毛は高額な支払額になることが多いですよね。その分大きな効果がで期待できるので多くの男性が医療脱毛をやるのですが一度に払うことができないような金額の場合がありますよね。

 

そのような場合には「医療ローン」と言うものを使うことができます。

ちなみに女性向けのメンズ美容クリニックのお客さんの約8割が医療ローンを利用しています。

この医療ローンはもちろん男性にも使う権利がありますので医療でメンズ脱毛を行おうと考えている男性はぜひ使ってみてください!

 

この記事を書いた人
三浦理恵

女性スタッフ専門の脱毛サロンで施術師を12年やっていました。
VIOまで脱毛施術をするお店だったので、そういった情報も詳しく書いていきます。
男性のお客様に対して女性スタッフがどう思っているかなど、ここだけでしか見れない情報を配信していきます。

スポンサードリンク
ひげ脱毛
シェアする
メンズ脱毛情報サイトACE