レーザー脱毛で効果が出るまでは何回くらいの施術が必要?

 

医療脱毛とは

医療脱毛とは、医療レーザーを使用した脱毛の施術のことです。毛のメラニンに反応するレーザーを照射し、毛根に熱をためることで周囲の発毛組織を破壊します。

エステで受ける光脱毛も同じ仕組みですが、発毛組織を破壊するのではなくダメージを与えるにとどまります。

また、医療脱毛では発毛組織を破壊できるため、永久脱毛の標ぼうが認められているのです。

永久脱毛といえば、一生毛が生えてこなくなるイメージを持つ方もいますが、毛が生える量を減らすだけのため、

いずれ産毛が生えてくる可能性があります。しかし、エステ脱毛よりも高い効果が期待できます。

永久脱毛とは

永久脱毛とは、毛の生成が長期間停止している状態を指します。AEA(米国電気脱毛協会)は「最終脱毛から2年後の毛の再生率が20%以下である脱毛状態」と定義しています。

この状態にするには、高出力の医療レーザーを使用して毛根を破壊する必要がありますが、これについては厚生労働省が「有資格者のみ行なえる医療行為」と定めています。

そのため、永久脱毛の施術ができるのは、医療レーザーを扱える医師が在籍する医療機関のみで、エステでの永久脱毛は不可能となります。

エステで提供している施術は、光脱毛といわれるものです。

光線の出力が低く毛根を破壊する作用もないため、単なる「除毛」となります。永久脱毛ではないので、

時間や費用をかけても脱毛効果をあまり感じられない場合もあります。

体毛には毛周期があり、1~3ヵ月のサイクルで、抜け落ちと生え変わりを繰り返します。

医療レーザー脱毛では、毛周期に合わせて数回のレーザー照射が必要となります。

一度医療レーザーで処理した毛は、二度と生えてきません。

部位にもよりますが、「いま見えている毛」は約15~20%であり、毛が生えそろってからレーザーを照射すると、最終的にはほぼ無毛になります。

永久脱毛は肌を傷つけず安全に施術できるうえ、美肌効果があるので肌がスベスベになります。

また、高出力の医療レーザーによる施術なので、エステで行なうものよりも脱毛力に優れ、少ない通院回数で完了します。

ただし、ひげに関しては毛量が多いので、完全に無毛にするためには、他の部位に施術を行なうよりも通院回数が多少増えます。

当クリニックでは医療レーザー脱毛経験が5~10年以上の医師と看護師が施術します。そのため、肌の状態や毛質に適した丁寧な施術ができ、万が一肌にトラブルが起きても、速やかに安全な対処ができます。

また、通院回数が少なくてすむので、エステより時間と費用が割安となっています。 永久脱毛をご検討されている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

医療脱毛とエステ脱毛の比較

医療脱毛とエステ脱毛には、どのような違いがあるでしょうか。詳しくみていきましょう。

施術回数

医療脱毛は、エステ脱毛よりも強力なレーザーを使用するため、少ない施術回数で脱毛できます。例えば、女性の場合、エステ脱毛は、10~20回程度の照射が必要ですが、医療脱毛は5~10回程度で済むのです。

脱毛にかかる期間

医療脱毛は、エステ脱毛よりも少ない回数で脱毛できるため、脱毛期間も短いことが特徴です。

脱毛の施術は、2~3ヵ月に1回のペースで受ける必要があります。髪は、成長期、退行期、休止期のサイクルで発毛、成長、脱毛を繰り返しています。このうち、成長期の髪だけが脱毛効果を得られるのです。

そして、成長期は2~3ヵ月に1回のペースでめぐってくるため、「2~3ヵ月×脱毛回数」の期間がかかります。

脱毛期間は、5回で医療脱毛が完了する場合は、「2~3ヵ月×5回=10~15ヵ月」、15回でエステ脱毛が完了する場合は、「2~3ヵ月×15回=2年8ヵ月~3年9ヵ月」です。

施術時の痛み

医療脱毛は、エステ脱毛よりも強力なレーザーを使用するため、照射時の痛みも強いことが特徴です。

ただし、熱によって発毛組織にダメージを与える点は医療脱毛とエステ脱毛に違いはないため、エステ脱毛でも痛みを感じます。

エステ脱毛だから我慢できる程度の痛みとも限りません。

また、医療脱毛を受けるのは医療機関のため、痛みに対して麻酔クリームを使用できます。

しかし、エステサロンは医療機関ではないため、麻酔クリームを使用できない点は押さえておきましょう。

効果

エステ脱毛の効果は、医療脱毛よりも低く、ムダ毛が生えるまでの期間が短い可能性があります。

脱毛する仕組み

脱毛の仕組みに関しては、エステ脱毛と医療脱毛に違いはありませんが、エステ脱毛では発毛組織にダメージを与えるにとどまります。

医療脱毛は、発毛組織を完全に破壊できるのです。

施術者と施術場所

エステ脱毛を行うのに、国家資格は必要ありません。研修を受けたスタッフが光脱毛を行います。

また、医療機関以外の施設でエステ脱毛を行うことが可能です。一方、医療脱毛はクリニックや病院などの医療機関において、医師や看護師が行う必要があります。

また、看護師が行う場合は、医師が監督しなければなりません。医療知識を持った専門家による施術を受けられるため、不安も少ないのではないでしょうか。

医療脱毛が効く毛の特徴と毛周期について

医療脱毛の効果には個人差があります。どのような毛に対して医療脱毛の効果が高いのか、毛周期の知識とあわせて詳しくみていきましょう。

医療脱毛の効果が高い毛の特徴

医療脱毛の効果が高く現れる毛の特徴は、「メラニンが豊富に含まれている毛」と「発毛組織と密着している毛」です。

医療脱毛で使用する医療レーザーは、毛を色づけるメラニン色素に反応します。そのため、メラニン色素が豊富に含まれている毛は、医療レーザーに反応しやすく、熱をためこみやすいのです。

そして、ためこんだ熱が発毛組織に広がることで破壊するため、毛と発毛組織の密着度が高いほどに効果も高くなります。

脱毛は毛周期にあわせて受ける

脱毛を受ける際には、毛周期について確認しておきましょう。毛周期は、ヘアサイクルとも呼ばれ、成長初期、成長期、退行期、休止期を経て脱毛し、再び発毛するサイクルのことです。

脱毛効果を得られる成長期の髪は、根が深いうえにメラニン色素も濃いことが特徴です。

退行期の毛は、成長期の毛と比べてメラニン色素が薄く根も浅いため、脱毛効果を得られにくいとされています。

ただし、レーザー機器によっては退行期の毛にも効果が期待できます。そして、休止期の毛は根が非常に浅いため、蓄熱によって発毛組織にダメージを与えられません。

また、毛周期は部位によって異なるため、施術期間も合わせる必要があります。

施術の間隔は機械にもよりますが、顔が1~2ヵ月、太ももとひざ下、VIOラインは1ヵ月半~2ヵ月、ワキは2~3ヵ月、全身は2ヶ月です。カウンセリングの際に、施術の頻度について詳しい説明を受けられます。

脱毛完了までの通院スケジュールを決めて、忘れずに通うことが大切です。

医療脱毛の効果が現れる施術回数とは?部位別に紹介

医療脱毛を受けることで、いずれ自己処理が不要になります。ただし、毛の量を減らすにとどまるため、産毛が生えてくる可能性もあるでしょう。

また、医療脱毛の効果が現れるまでの施術回数は部位によって異なります。

正しい施術間隔と脱毛スケジュールを決めるために、以下を参考にしてください。

部位ごとの自己処理が不要になる回数

このように、顔やお腹、背中はVIOラインと比べて必要な施術回数が多いことが特徴です。

また、VIOラインやワキの脱毛期間は、2~3ヵ月×4~5回=8ヵ月~1年3ヵ月です。水着を着る夏までに脱毛したい場合は、前年の春ごろから始めましょう。

医療レーザー脱毛が受けられるクリニックの選び方

医療脱毛を受けるクリニックは、レーザーの種類や料金、保証などに注目して選びましょう。それぞれ次のように選ぶことが大切です。

料金と総費用

医療脱毛の料金を確認しましょう。多くのクリニックでは、1回、5回、6回など複数のコースが用意されています。

回数が多くなるほどに1回あたりの料金が安くなる傾向がありますが、本当に安くなるかどうかは自分自身でしっかりと計算しておくことが大切です。

また、脱毛の部位によって必要な施術回数が異なるため、慎重に回数を選びましょう。

追加の照射料金が高い場合は、少ない回数のコースを選ぶことで結果的に総費用が高くなる恐れがあります。

照射料金だけではなく、麻酔やシェービングなどのオプション料金も加味して、総費用を算出しましょう。

麻酔クリームが無料の場合もありますが、1,000~3,000円程度の別料金がかかることが一般的です。

また、事前の自己処理が不十分な場合は、強制的にシェービングのオプションがついてしまう場合もあります。シェービングの料金は500~1,500円程度です。

このように、クリニックを受診する前に、さまざまな料金から総費用を算出しましょう。

複数個所を脱毛する場合は、1回の料金が5,000円違うだけで、総費用に数万円の差が生じます。

保証の内容

クリニックによっては、医療脱毛のトラブルに対処するための保証があります。例えば、施術によってヤケドをした場合は、抗炎症薬の処方やアフターケアが無料になるというもの。

また、医療脱毛後は、一時的に毛が増えたり硬い毛が生えてきたりする場合があります。

このようなトラブルが起きたときにも、施術料金が無料になるクリニックがあるのです。

多くのクリニックで施術が無料になるケースとしては、打ち漏れやヤケドがあります。そのほかのトラブルは、無料にならないことが多いため注意しましょう。

早く脱毛したい方は医療脱毛がおすすめ!

できるだけ早く脱毛したい方には、医療脱毛がおすすめです。強力なレーザーで発毛組織を破壊して、スピーディに脱毛できます。

また、クリニックよりもエステサロンのほうがさまざまなキャンペーンを行っているため、お得に感じるかもしれません。

しかし、クリニックにも総費用を抑えられる仕組みがあります。

例えば、カウンセリングやテスト照射、アフターケア、再診料、打ち漏れやヤケドをしたときの料金が無料になるクリニックもあります。

また、1回あたりの照射料金はクリニックのほうが高い傾向ですが、施術回数が少ないため、総費用はほとんど変わりません。

さらに、エステ脱毛は、医療脱毛と同じくレーザーを照射するため、肌トラブルや痛みのリスクを伴います。

医療脱毛であれば、クリニックで医師による適切な対処を受けられるため、リラックスして通えるのではないでしょうか。

医療脱毛を受けられない人はいる?

●このような方は施術をお断りすることがあります
  • 日光過敏症の方や皮膚に特殊疾患のある方
  • 妊娠中の方
  • Vライン・Iライン
  • Oラインの施術を希望する方で、生理中の方

医療脱毛はレーザーを使用するので、日光過敏症の方への施術はできません。皮膚に特殊疾患のある方も、症状や状態によっては施術をお断りすることがあります。

また、妊娠中の施術は基本的にNGです。

レーザー照射が妊婦さんやおなかの赤ちゃんに直接的な影響を与える可能性は低いのですが、妊娠中はホルモンバランスが乱れやすいため、毛周期が不安定になり脱毛効果が得られにくくなる可能性があります。

また、肌に負担をかけてしまう可能性もあります。そういった点から、妊娠中の施術はおすすめできません。

生理中の方のVライン・Iライン・ Oラインの施術をお断りする理由は、主に衛生面にあります。

なお、VIOライン以外への施術については生理中でも可能です。

ただし、生理前後や生理中は知覚が敏感になり痛みを感じやすいこともあるので、理解しておくと良いでしょう。

●ニキビやアトピーがある場合は?

ニキビやアトピーがあっても施術は可能です。レーザーを照射することでニキビやアトピーが悪化することはありありません。

病院やクリニックは一人ひとりのお肌の状態を見てレーザーのエネルギーレベルを調整し、肌に負担がかからない施術をしています。

肌状態に不安がある方は、担当医に相談をしてみると良いでしょう。

毛は剃らないで!脱毛前後のシェービング・毛抜きの注意点

初回施術時は、1週間ほど毛を生やした状態で来院してください。その人の本来の毛量などを見てから、医師はレーザー照射の強さや回数を考えるからです。

そして2回目以降は、来院前にシェービングで毛の処理をしておきましょう。

ただし、毛抜きを使うのはNGです。レーザーは黒色に反応する性質があるので、毛抜きで毛根から毛を抜いてしまうと効果が薄れてしまいます。

施術後に毛が生えてきたら、シェーバーで処理してください。毛抜きやワックスで処理するのはおすすめできません。

脱毛後の敏感な肌への負担になるだけでなく、毛根ごと処理してしまうと次回の照射で効果が得にくくなってしまうからです。

日焼け・乾燥に注意!施術後の肌ケアのポイント

脱毛施術後の肌は敏感で乾燥しやすい状態になっているので、しばらくは日焼け・乾燥に気をつけてください。

日焼け止めをしっかり塗る・肌を露出しないといった工夫をしましょう。また施術後に処方された保湿剤などを使って、肌を乾燥させないケアをしてください。

病院やクリニック選びのポイントは?

皮膚科であれば、基本的に問題はないでしょう。

最近は婦人科や産婦人科も医療脱毛を扱っていることがあります。

これらも医療機関なので問題はありませんが、皮膚にトラブルが生じたときに十分な対処ができない恐れがあります。

不安な方には、トラブル対応もできる皮膚科での施術をおすすめします。

医療脱毛を受けた当日にしてはいけないことって?

●飲酒について

お酒を飲んだせいで脱毛効果が下がることはありません。ただしお酒を飲むと血流が良くなるので、施術した部位に赤みが出ることもあります。飲み過ぎは控えましょう。

●入浴について

脱毛をした当日は、長時間入浴は控えましょう。入浴をすると血流が上がるので、赤みや腫れが出やすくなる恐れがあるからです。

シャワーを浴びる程度なら問題ありません。また脱毛範囲が狭い場合、短時間の入浴はOKです。

なお脱毛をした部位はゴシゴシこすらず、軽く洗い流す程度にとどめましょう。

●メイク・クレンジングについて

顔脱毛した当日は、メイクやクレンジングは控えましょう。翌日からOKです。

●運動について

軽い運動なら問題ありませんが、汗をたくさんかくような激しい運動は避けたほうが良いでしょう。

運動も飲酒や入浴と同様に血行をアップさせるので、脱毛した部位に赤みや腫れを生じさせることがあります。

コメント